好きすぎて胸が苦しい…!男女の心理&好きすぎて辛い気持ちの対処法

  • 男性が好きすぎて辛いと感じる瞬間《片思い編》

    では、男性の場合、どんな理由で「好きすぎて辛い」のでしょうか。女性と比べて男性は恋愛でそれほど辛い気持ちにならないようなイメージがあります。ここでは男性が片思いをして辛いときのパターンを、いくつかご紹介していきます。

    女友達を好きになってしまった時


    「いつもつるんでるグループのAを好きになってしまって。友達の和を乱すのも嫌だし、かといってこのまま友達のままなのも辛いです。どうしたらいいかわからなくて悩みます。」(20代男性)など、友人グループの一人を好きになってしまったので辛いという男性も。

    友人グループの中で恋愛沙汰になると、下手するとグループ全体の関係が悪くなってしまうこともあります。仲間内の関係をなるべく壊さないように慎重に行動しなくてはいけないので、この男性にはそれが辛く感じるのでしょう。

    声のかけ方がわからない


    「好意を抱いていない女性には普通に話しかけられるんですが、意識している相手にはどうやって話しかけたらいいかわからなくなるんですよね。彼女が目の前に来ると、一瞬で頭が真っ白になります。」(20代男性)など、意識している女性には、うまく話しかけられなくて辛いという男性も。

    相手を好きすぎてしまうと、どうしても「嫌われたくない」という心理が働くので、次の行動をなかなか決定できなくなります。考えすぎてフリーズしている状態と言っても良いでしょう。

    意識しすぎて挙動不審に


    「ただでさえ女性と話すのは苦手なのに、好きな人がいきなり目の前に来るとどうしていいかわからなくなります。うまく身体が動かないので、物を落としたり挙動不審気味に…。」(20代男性)など、好きな人が目の前にいると挙動不審気味になってしまうという男性も。

    好きな人の前に来ると、「失敗できない!」と思い込んでしまうので、身体が固くなってしまう傾向があります。挙動不審気味になってしまうときは、リラックスを心がけると少しはマシになるでしょう。

    恋愛なんて興味ないふりしてしまう


    「相手に好きなことがバレるのがすごく嫌なので、恋愛なんか興味ありませんみたいなフリをしてしまいます…。本当はすごく付き合いたいんです。いっそのこと告白してくれないかなって思います。」(20代男性)など、好きな人に思っているのと違う態度を取ってしまうという男性も。

    近年は振られるのが怖いので告白できない、しないという男性が増加傾向にあります。告白されるのを待っていても、相手にその気がなければ告白されません。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)