「自分へのご褒美」迷ったらこれ!頑張った自分へのプレゼント25選

  • 自分へのご褒美で得られるメリットとは?

    仕事や家事、勉強などを頑張った自分にご褒美をあげることにはどんなメリットがあるのでしょう。ご褒美として用意するものには、ただ欲しいから買うといった意味だけではなく、頑張った自分を労う意味や、お祝いの意味が込められているため、心身にいい影響を与える効果があります。

    そんなご褒美を自分にあげると、どんなメリットや変化があるのか例をあげてみましょう。ご褒美を買ってこなかった方も、影響や効果を知れば、これからは自分にご褒美をあげようかなと思えるかもしれませんよ。

    モチベーションアップする


    頑張り続けるだけの毎日で、仕事などを達成してもまた次の仕事へ…それでは嬉しい気持ちも達成感も少ないでしょう。仕事、家事、勉強には必ず節目がありますよね。

    「1週間」「今手掛けている仕事の終わりまで」「テストまで」などなど。節目に自分にご褒美をあげるようにすれば、区切りごとに集中して頑張るモチベーションが上がります。

    「これを終わらせれば欲しいものが手に入る」と思うと、「頑張ろう!」という気持ちがわいてきますよね。

    達成感を味わえる


    あらかじめどこまで頑張ったら自分にご褒美をあげるのか、目標を決めておきます。その目標を達成できたとき初めて、自分にご褒美をあげるのです。つまり、ご褒美は目標を達成しないと得られないということ。

    ご褒美が得られるのは目標を達成したときですから、頑張った末にようやくそれが手に入った瞬間、満足感を味わうことができるでしょう。

    そこのように、頑張りの末に自分にご褒美をあげるようにすると、欲しかったものを得られた喜びと達成感を同時に感じられるのがメリットのひとつです。

    自分の価値に気付く


    「自分にご褒美をあげる」というのは「自分を褒め、認める」ということになります。何かを頑張っても褒められない、認められないのはつらいですよね。頑張りを褒め、認めることで人は自分自身に価値観を見出し、次もまた頑張ろうと思うものです。

    自分の頑張りに対してご褒美をあげるようにすることで、「自分は価値がある人間だ」と認識し、無理をしたりストレスをためにくくなる効果が生まれます。

    自分に余裕が出てくれば、周囲の人とのコミュニケーションがうまくいき、いい関係を構築できたり、感情をコントロールできるといった効果も。自分へのご褒美は、ただ欲しいものを買う理由になるだけでなく、自分の価値を見出すためにも大切なことなのです。

    気分がリフレッシュする


    仕事や家事、勉強など、日々の生活のなかで私たちはストレスを受けています。私たち人間の脳はほかの動物よりも発達していて、ストレスをより敏感に察知するそうです。それゆえ、精神を病む人が多いのだとも言われています。

    自分へのご褒美には、毎日頑張る自分のストレスを発散し、リフレッシュさせる効果があります。欲しいものを得ることで満足感を感じたり、好きなものを好きに買い物をするのは、ストレスの発散になり、リフレッシュにつながるのです。

    散財を防げる


    欲しいものを好きなときに好きなだけ買っていると、いつのまにかお金を使いすぎていることはありませんか?欲しいものはなるべく自分へのご褒美のために買うようにすれば、無駄遣いしてしまうのを防ぐことができます。

    好きなものはいつでも買えるより、頑張ったときのご褒美にすれば、特別感もあり、お金の使いすぎも防げて一石二鳥です。

    日頃から「欲しいな」と思ったらすぐに買ってしまう癖がある方は、これからはご褒美の時にだけ買うようにしてみてはいかがでしょうか。