プラトニックな恋愛関係に隠されたメリットとは?男性の本音も紹介!

プラトニックな恋愛関係はアリ?ナシ?まるでドラマのような「プラトニックな恋愛関係」とは一体どんなもの?この記事では、プラトニック・ラブのメリット・デメリットなどを解説します。男性の本音などにもご注目ください。

  • プラトニック・ラブってどういう意味?

    そもそも「プラトニック・ラブの本当の意味とは?」という問いに答えることはできるでしょうか。大人の恋愛ドラマのイメージが頭に浮かぶかもしれませんが、正しい意味を説明するのは少し迷ってしまうもの。

    「プラトニックな関係」が当てはまる2人には、一体どのような条件が揃っているのでしょうか?

    体の関係なしの精神的な恋愛関係


    「プラトニック・ラブ」の意味は、体の関係なしの精神的なつながりを持った関係のことです。「プラトニック」という恋愛表現の起源は、古代ギリシャの哲学者「プラトン」の思想が元になっていると言われています。

    肉体を愛するよりも精神的な愛を主張するという考え方は、中世ヨーロッパの騎士道やキリスト教で、純粋な愛という意味で広まっていました。

    日本国内では、結婚するまで処女をつらぬくといった意味にも近いですが、そうではない精神的なつながりといった恋愛表現としても多くの作家たちが使っています。

    プラトニックラブは「同性愛」という意味


    実は、哲学者「プラトン」は同性愛者だったことから、プラトニック・ラブは元々「同性愛」という意味で使われていました。彼の著書「饗宴」では、「両者の魂が何か(愛欲とは)別なものを求めていることは明瞭である」と綴られています。

    つまり、肉体関係ではなく精神的な繋がりを強く求めたものが、プラトニック・ラブの本質です。時代とともに、男女の恋愛関係を表す言葉へと変わりましたが、本来は男女の仲を超えた関係であることを頭に入れておきましょう。