不倫の終わり方・終わらせ方|きちんと別れて前に進む方法とは?

  • 不倫を終わりにしたいと思うきっかけ《男性編》

    不倫関係を終わりにしたいと考えていても、自分からは言い出せないとお悩みの方も多数います。そんな時は、相手から関係を終わらせてもらえるよう、言葉や行動で誘導するのも一つの手です。

    こちらでは男性が不倫相手との関係を終わりにしたいと思うきっかけについて、いくつか例をご紹介します。

    奥さんと別れて結婚してほしいと言われた


    「初めはお互い不倫という関係を楽しんでいたのに、最近は彼女に結婚を迫られるようになって。妻とは別れるつもりはないし、その時彼女との関係を終わりにしたいと思いました。」(29歳/男性/IT企業社員)

    不倫をしている男性は、不倫相手との真剣な関係を望んでいないという人が多数を占めています。気軽に付き合える関係を楽しみたい、体目当てという男性も多く、結婚という関係を求められると不倫関係を終わりにしたいと思う男性もいます。

    割り切った関係だったのに好意を持たれた


    「遊びのつもりで関係を持ったのに、いつの間にか相手に好意を持たれるようになってしまいました。正直そういうの面倒だし、これ以上の関係を求められるならもう終わりにしたいです。」(32歳/男性/営業職)

    男性の中には軽い気持ちで不倫を始め、後腐れない関係やスリルを味わっているだけの人も多くいます。男性が求めているのはあくまで「気軽に付き合える都合の良い女性」です。相手が本気になり好意を持たれると、途端に気持ちが冷めてしまうというケースも少なくありません。

    不倫がバレそうになった


    「一度妻に携帯のロックを解除され、不倫がバレそうになったことがあります。その時は履歴などを削除していたので何も見つからなかったのですが、さすがにヒヤヒヤしました。」(38歳/男性/不動産業)

    不倫がバレそうになることで、焦って相手との関係を終わりにしたいと考える男性も多くいます。不倫相手との連絡はLINEやメールなどで取る人が多く、その内容や履歴が携帯に残ってしまいます。

    いつもロックをかけているし、バレることはないと考えている方も油断は禁物です。一緒にいる時間が長いと段々と相手の事もわかってくるため、携帯のロックなども簡単に解除されてしまうことがあります。
  • 不倫を終わりにしたいと思うきっかけ《女性編》

    男性と女性では、不倫に対する考え方や姿勢が違うもの。女性が不倫を終わらせたいと思うきっかけは、男性のきっかけとは全く異なります。こちらでは、女性が不倫を終わらせたいと思うきっかけについてまとめてみました。

    不倫という関係に疲れてしまった


    「初めは一緒にいるだけで楽しかったですし、『不倫』といういけない関係にドキドキしました。でも段々と彼に本気で惹かれていくうちに、先の見えない関係に疲れてしまって。今ではいっそ関係を終わりにしたいとさえ考えています。」(28歳/女性/OL)

    女性の中には、先のない関係に疲弊して不倫を終わりにしたいと考える方もいます。最初はスリルや背徳感を楽しめても、その気持ちはずっとは続かないもの。いつしか相手に本気になってしまい、不倫という関係に不満を感じる場合もあります。

    ですがどちらかにパートナーがいる限り、その関係が進行することは決してありません。そんな状態が続くと関係を続けるのが辛くなり、別れたいと思う女性がいるのも無理はありません。

    相手の家族への罪悪感に耐えられなくなった


    「街で幸せそうな家族連れを見る度、彼の家族への罪悪感が募ります。自分がしていることは彼の奥さんや子供を傷つけてしまうことなんだって。そんな時、こんな関係もう終わなきゃって強く考えます。」(24歳/女性/受付)

    相手の家族への罪悪感から不倫という関係の終わりを決意する女性も多く、特に相手に子供がいる場合には、より一層罪悪感を感じやすくなる傾向にあります。

    また、相手だけでなく自分の家族への罪悪感が、不倫を終わりにするきっかけになったという人もいます。自分は外で不倫をしているのに、何も知らない家族が笑顔で自分に接してくる。そんな状況に罪悪感が募り、耐えられず不倫を終わりにしようと考える女性も多くいます。