胸への視線…バレてるよ!女性のおっぱいを見てしまう男性心理とは?

男性は女性のおっぱいをついつい見てしまうことがあります。もちろん女性の胸を凝視するのは悪いことだと知りつつです。悪いことだと思っているのに、どうして男性は女性の胸を見てしまうのでしょうか?今回は男性が女性の胸をつい見てしまう理由などについてお伝えしていきます。

  • 女性の胸を見る男性は多い...もはや本能!?

    女性の胸をついつい見てしまう男性は多いものです。女性の胸を見てしまうのは悪いことだとは知りながらも、どうしても反射的に見てしまうあたり、もはや胸を見てしまうのは本能のレベルの行為と言っても良いかもしれません。

    また、気づかれないと思って見ている男性も多いことでしょう。しかし、女性に気づかれているという事実を分かっていない男性も、多くいます。どうして男性は、女性の胸をこんなにも無条件に見てしまうのでしょうか。胸を見てしまうときの男性には、どんな心理が働いているのでしょうか。

    今回の記事では、男性の視線に意外と多くの女性が気づいているという事例のほか、男性が女性の胸を見てしまう理由や心理、男性に胸を見られない対策などについてお伝えしていきます。
  • 女性に聞いた!「胸を見る男性に気づいてますか?」

    男性からの胸への視線に気づく女性は意外と多いものです。男性の方は女性は気づいてないと思っているかもしれませんが、ほとんどの女性はその視線に気づいています。ここでは男性の胸への視線について、女性がどう思っているのかを聞いてみました。

    バレバレだからやめて!


    「毎朝通勤電車で見てくる男がいるんですよね。隣とか正面とかに来ることはないんですけど、胸元への視線を感じます。」(20代女性)など、ものすごく正面から見られているわけではないけど、横や斜めなどから胸への視線を感じるという女性も。

    目があったりしていないから気づかないだろうと男性は思っているかもしれませんが、女性は気づいています。「ちょっとぐらいなら」という軽い気持ちで見ると、後々面倒なことになる可能性もあるのでやめておいた方が無難です。

    見られるうちが華だと思う


    「30代になるとめっきり色恋沙汰が減ってしまうじゃないですか。胸への視線もなんだか貴重で。見られるうちが華かなってある程度は許しています。」(30代女性)と、胸への視線を感じるのも女性として名誉なことだと思っている人もいました。

    胸を見られて悪い気がしない女性もいますが、多くの場合、性的な視線は気持ちが悪いと思われてしまうので、気を付けた方が良いでしょう。

    どうしても見ちゃうんだと思う


    「私、けっこう胸が大きいんです。なのですれ違う男性にチラッと見られること多くて。制御できないんだろうな、と最近では思ってます。」(20代女性)など、男性の本能的な行為だとあきらめの気分になっている女性も。

    男性が大きいおっぱいをつい見てしまうのは、多くの女性がイケメンをつい見てしまうのと同じノリなのかもしれません。かといって無遠慮に見ても良いという理屈にはならないでしょう。

    バツの悪そうな顔をしている人も


    「ヨーロッパにいた時期が長いので、胸とか肌を露出するのにあまり抵抗がなくて。つい外国のノリで薄着をすると、胸に気を付けなよみたいな顔をされることがあります。」(30代女性)など、胸周りの露出をとがめるあからさまな視線に戸惑いを感じる女性もいました。

    確かに欧米の女性は日本に比べて開放的な服装をすることが多め。日本の男性にとっては戸惑いを覚えるレベルの露出なのでしょう。目立つほど胸を見られることも多くなるので、見られたくない場合は服装を控えめにすることも大事かもしれません。

    胸元がちょっと開くとすぐに見る


    「たまたま胸元がちょっと開いた服を着ると、いつもと違う視線を感じることが。胸が見えそうなシチュエーションって、なんであんなに食いついてくるんでしょうね…。」(30代女性)など、たまたま胸の開いた服を着るといつもと視線の質が変わると感じている女性も。

    やはり見えそうで見えないという服装だと、より男性の胸への視線を集めやすいのでしょうか。男性の注意を引きたくない場合は、見えそうで見えない状態になる服を着ていかないということも必要です。

    下着が透けてると見られやすい


    「服の素材とか下着の色とかによって下着が透けちゃう日ってありますよね。そういうときは胸への視線をいつもより感じるというか。」(20代女性)など、下着の色が濃いなどの理由で、胸への視線を感じるという女性も。

    下着が服の下に透けてみるシチュエーションも、男性にとってはついつい見てしまいがちなものなのでしょう。