目を合わせない男女の恋愛心理とは?好意があるか確認する方法も!

目を合わせない人にはさまざまな心理が隠れています。それを知ることで、目を合わせない人の気持ちを理解し、相手にとって心地よい接し方ができるようになります。目を合わせない人への適切な対処法などをご紹介しますので、最後までご覧ください。

  • 目を合わせてくれないのは嫌われているの…?

    目を合わせてくれない人が周りにいると、嫌われているのか心配になりますよね。目を合わせてくれない人には、いったいどのような心理が隠れているのでしょうか。

    そこで、目を合わせてくれない人の特徴や、隠された心理について詳しく解説していきます。

    目を合わせてくれないのは好き避けの可能性も!


    目を合わせてくれない理由のひとつに、好き避けの可能性も考えられます。好き避けの場合、目を合わせてくれないのは意識しすぎて恥ずかしくなっているという理由がほとんど。

    目を見ると恥ずかしそうにそらしたり、会話の途中で不自然にほかのところを見たりするのは、好き避けの可能性が高いので、嫌われているわけではありません。恥ずかしくて目を見る事ができないというだけで、避けているつもりはない場合がほとんど。

    そのため、目を合わせてくれない人の心理を探るには、相手が恥ずかしそうにしているかどうかを見極めるようにしましょう。

    目を合わせないのは人見知りだから


    目を合わせない人の中には、ただ単に人見知りな性格というケースもあります。人見知りが原因の場合、特定の人ではなく、馴染みのない人全員と目を合わせない傾向にあります。

    そのため、目を合わせないのが自分だけに対してではないという場合は、嫌われているわけではなく、性格が人見知りということが考えられます。周りに目を合わせてくれない人がいたら、その人の周囲への接し方を意識して見てみると、人見知りかどうか見極めることができますよ。

    目を合わせないのは嫌われているから?


    嫌いな人と目を合わせたくないという人の場合、目を合わせないだけではなく、態度にも嫌いという感情が現れるようです。目を合わせないだけではなく、話しかけても素っ気ない、ほかの人と比べて笑顔が少ないなどといった場合には、嫌われているのかもしれません。

    その場合、なにか気に障るようなことをしていないか振り返り、心当たりがないかよく思い出してみましょう。原因がわかると、関係を修復することにもつながります。