無神経な人の心理とは?デリカシーがない人のあるある特徴&対処法

  • 無神経な人を卒業したい!無神経な性格を直すには?

    もしあなたが傷つけられる側の人間ではなく、デリカシーのない発言で相手を傷つけてしまいがちな無神経な人そのものだとしたら、ここまでの内容を読んで「無神経な性格を直したい」と思っていることでしょう。

    では、無神経な性格を直すには、どんな点を意識したらいいのでしょうか?無神経な性格を直す方法を4つご紹介しますので、参考にしてください。

    自分がされて嫌なことはしない


    基本的なことになりますが、まずは「自分がされて嫌なことは他人にもしないようにする」を心がけましょう。例えば、体型や肌質など自分がコンプレックスだと感じていることを、面と向かって指摘されたり話のネタにされたら嫌ですよね?

    あなたがされて「嫌だな」と思うことは、周りも同じように嫌なのです。無神経な性格を直すための第一歩として、その手の発言はしないようにしましょう。

    発言する前によく考える


    自分の話をするときや意見を言うときは、頭に浮かんだ内容をそのまま喋らないこと。話し始める前に一呼吸おいて「これから話す内容は相手を傷つけるものではないか?」をよく考えましょう。仮にあなたがよかれと思って言った言葉でも、人を傷つける場合があります。

    とくに、容姿や経済力に関わる内容・相手の意見や好きなものを批判する内容などは、安易に口に出すと無神経な人だと思われやすいので避けましょう。仮にどうしても言わなければいけないときは、なるべく柔らかい言い回しで、失礼がないように伝えることが大切です。

    人の意見を聞く


    無神経な人がなぜ空気の読めない発言をしてしまうのかというと、それは人の話を聞いていないからです。一方的な会話はコミュニケーションとは言えません。

    自分のことばかり話すのではなく、日頃から周りの人の話や意見を聞いたり、顔色を見たりして、「どんなことを言われたら喜ぶのか」「どんなことを言われると怒るのか」を研究しましょう。

    また、人から「はっきり言うね」「ちょっと無神経だよね」と言われたら、きちんと反省すること。自分の至らない点に注意しながらコミュニケーション方法を見直していくことで、無神経な人から卒業できるようになります。

    みんなから好かれている人の真似をしてみる


    「みんなから好かれている人の真似をしてみる」のも効果的です。周りから好かれている人は、気配り上手であったり、聞き役に徹していたりと、あなたと真逆の特徴を持っています。いきなり全部を変えようとしなくてもいいので、少しずつその人の真似してみましょう。

    何事においても、上手く言っている人の真似をすることが成功への近道です。人のいいところを真似するうちに、あなたも周りから好かれる人になれるはずですよ。