シングルマザーの恋愛事情|恋に発展させるのは難しい?

  • シングルマザーにぴったりの男性の条件

    シングルマザーの恋愛事情は、恋愛に対する考え方や恋愛できる時間的余裕、子どものことなど、人によって思うことも抱えるものもそれぞれでした。

    ただ、シングルマザーの恋愛に共通して言えることもあります。それは、「シングルマザーであることを理解して付き合ってくれる男性」を相手に選ぶのが大切ということです。

    それは具体的にはどのような男性を指すのか、ご説明していきます。

    子どもの幸せを考えられる


    まずは、まともなシングルマザーなら誰もが一番気がかりである、子どものこと。シングルマザーとの恋愛では、自分の欲望ではなく子どもの幸せを最優先できることが、男性に求められる第一条件となります。

    女性を大切にできるのはもちろんのこと、その女性が大切にしている子どもを愛せる男性でなければ、シングルマザーを幸せにすることはできないでしょう。

    子どもも含めての彼女ということを常に考えて行動できることが、シングルマザーとの恋愛に向く男性の条件なのです。子どもへの配慮が自然とできる男性なら安心ですね。

    過去に執着しない


    次に、男性からしたら女性がシングルマザーになった理由が気になるのは当然ですが、過去に捉われて今の女性を見ようとしないのはNGです。過去を受け入れる大きな心と、女性とのこれからを見据えることのできる強さが必要です。

    過去の結婚生活のことを細かくあれこれ詮索したり、過去にしつこく嫉妬したりしてしまうような男性はシングルマザーとの恋愛には向きません。

    過去は過去と割り切って、新しい人生を一緒に歩いてくれるような男性との恋愛なら幸せを感じられるでしょう。

    定職に就いているなど経済力に不安がない


    子どもがいるのに、恋愛にお金をつぎ込んだり男性に貢いで失敗しているシングルマザーは意外と少なくありません。お金は生活や子どものためのものです。シングルマザーに貢がせるような男性は問題外です。

    経済面で不安のない恋愛をするためにも、定職に就いていてお金には困っていない男性であることも重要な条件です。ゆくゆくは再婚に結びつく恋愛をするためにも、冷静に判断しましょう。

    結婚に前向きかつ幻想がない


    そして、遊びで恋愛する場合ではないので、結婚する気のない男性や結婚に幻想を抱いている男性は避けた方がいいです。未来のない恋愛や、二度目の離婚を招いてしまう可能性が高く、貴重な時間を無駄にしてしまうからです。

    つまり、シングルマザーとの結婚に前向きな考えを持っていること、そして結婚は幻想ではなく、ずっと続いていく生活であると理解していることが押さえておきたい条件となります。

    そういった意味では、離婚歴のある男性や同じ境遇のシングルファザーは、恋愛しやすい相手と言えるでしょう。