【付き合う前に必読】付き合う直前の雰囲気・恋人選びの極意を解説!

  • 付き合う前に気を付けたい注意点とは?

    ここまで読んでいて「脈ありかも!」と思った人も多いですよね。ですが、付き合う前はその脈あり状態から転落することもありえます。そうならないために「付き合う前に気を付けたい注意点」も知っておきましょう。

    過去の男性の話をする


    「付き合うかもしれない人が目の前にいるのに、他の男の話で、しかもリアルな過去の男の話をされると引く」(27歳/男性/営業) 

    付き合う前の素敵な関係の状態で、過去の男性の話をするのはNGです。

    そもそも男性心理として、他の男性の話は面白い話題ではありません。まして、付き合うかもしれない男性に向かって、自分が過去にお付き合いしていた男性の話などもってのほかです。

    過去の反省は仲良しの女子会でやるとして、今は彼との未来に目を向けるようにしましょう。

    自分たち以外の人をディスる


    「デート中に、『見て見て、あの人すっごいブス!』と話しかけられた時は、品性を疑いましたね。思っていても口に出した時点でもうないなと思う」(23歳/男性/公務員)

    これは辛口気味な女性にありがちなのですが、デート中に道ゆく人をディスる行為は男女問わずNG。そもそもの人格を疑われてしまいます。また、精神年齢が低いとも思われてしまうでしょう。

    こういうことは思ったとしても口に出さないのが大人。辛口な意見を言える人は格好いいですが、そういった人は悪口は言いません。真似するのも良いですが、良い部分だけを真似するようにしましょう。

    男性がコメントをする暇がないほど喋り続ける


    「よく喋る人は好きですが、自分だけずっと喋っている女性はちょっと疲れちゃいますね。」(29歳/男性/マーケティング)

    好きな彼を目の前にするとたくさんおしゃべりしたい気持ちもわかります。女性同士であればそれなりに口を挟むタイミングもあります。ですが、男性はどこで口を挟んでいいのかわかりません。

    付き合う前のデートで大事なのは会話のキャッチボール。相手が口を挟めないほど喋ると、聞いている方もうんざりしてしまいます。

    あくまでもキャッチボールを意識して、相手の話も聞くように心掛けましょう。相手の話も聞くことで、新しい話題や新たな一面を知ることができるかもしれません。

    悩み事や相談など、重い話ばかりする


    「大事な事や悩みを相談してくれるのは信用されてるのかなって思うけど、毎回続くとコメントしづらいし一緒にいても楽しくない」(24歳/男性/企画開発)

    適度な相談は、相手に心を開いている証ですが、毎回されると嫌な男性も多いようです。付き合う前の大事な時期は、相談や悩み事はほどほどに。

    何よりも彼との時間はお互い楽しく過ごすことがベスト。いい関係のまま付き合うためにも、楽しい時間を作っていけるように、付き合う前こそ努力しましょう。

    ネガティブな発言よりもポジティブな発言を心掛けて。