彼氏の気持ちがわからない…冷めたの?本音を確かめる方法まとめ

  • 彼氏の気持ちを確かめる方法は?

    冷めてしまったのかわからない彼氏の気持ちを確かめるのは、少し困難であることが予想されます。場合によってはこちらの気持ちをすべて明かさない方が良い場合もあるでしょう。次のことを参考になさってください。

    スキンシップをとってみる


    彼氏の気持ちが冷めてしまった、あるいは離れてしまったと感じた時、簡単に確かめることができるのがスキンシップをとってみることです。

    これは男女どちらにもいえることですが、気持ちが冷めてしまった場合、パートナーに触れる・触れられることを自然と避けるようになるものです。ですから手を繋ぐ、腕を組むなどのことを試してみて、相手の反応を確かめてみましょう。

    真面目に話し合ってみる


    なにかの話の流れで彼氏の気持ちがわからないことを告げるのではなく、きちんとそれを中心に話ができるような場を設けてみてはいかがでしょうか。

    もしも彼氏がその話し合い自体を拒むようでしたら、限りなくあなたに対する気持ちが冷めてしまっている可能性があるでしょう。しかし素直にその話し合いに応じてくれるのであれば、お互いの気持ちを確かめることは十分可能なはずです。

    小さいお願い事をしてみる


    彼氏にちょっとしたお願い事をしてみるのも良いのではないでしょうか。大きなことではなく、逆に誰にでもいえる小さいことです。たとえば「次の休みに〇〇に付き合って欲しい」とか、「○○にいるから迎えに来て欲しい」などのことです。

    あなたのこんな小さいお願い事を彼氏がどう受け取るかで、気持ちを確かめるきっかけができるはずです。誰でもできることなのだから自分でなくてもいいだろうと断られるようなら、気持ちは冷めていると解釈できますが、渋々でも応じてくれるのなら気持ちは冷めていないことがわかるでしょう。

    「あなたの気持ちがわからない」とズバリ言う


    彼氏にはっきりと”あなたの気持ちがわからない”と言ってみましょう。この言葉自体が気持ちを確かめる方法ではなく、この言葉をあなたが言ったときの彼氏の反応を見るためです。

    あなたのその言葉に対して彼氏からちゃんと返事が返ってくるということは、気持ちがわからなくなっているあなたに対して、歩み寄ろうとする心情がありそうです。ですから彼氏の気持ちは冷めていないことがわかるでしょう。

    しかし、あなたからその言葉を聞いてちゃんとした返事を返さず、話をうやむやにするようであれば、残念ながら気持ちが薄れている可能性があります。面倒な話をするのは避けたい…そんな彼氏の心情が受け取れるでしょう。

    彼氏に優しくする


    彼氏の気持ちがわからない今だからこそ、あえてこれまでよりも彼氏に優しく接してみましょう。同じように彼氏もあなたに優しく接するようであれば、気持ちが冷めていないことがわかりますよね。

    ですが、あなたが彼氏に優しくしても一向に変化がなかった時は、気持ちが冷めてしまっていると判断せざるを得ません。ちょっとしたことですが、”人に優しくできる”とは、好きという気持ちの表れではないでしょうか。

    ストレートに考えを聞いてみる


    こちらの気持ちは言わずに、彼氏の気持ちだけに注目するという意味で、ストレートに考えを聞いてみてはいかがでしょうか。回りくどくなく、一番手っ取り早く彼氏の気持ちがわかるのがこの方法だと思われます。

    この質問に対して彼氏が本心を言う・言わないで、彼氏の気持ちが冷めている・冷めていないが判断できるはずです。こちらの気持ちを言わずとも、彼氏の気持ちに対して不安を抱えているということも相手に伝わり、波風が立たない最善の方法といえるでしょう。
  • 彼氏の気持ちを確かめるときのNGポイント

    彼氏の気持ちがわからないことを確かめるとき、してはいけないNGポイントをここでご紹介します。感情的になってしまうと、人は相手に対して不快な思いをさせていることに気がつかないものです。次のことをぜひ参考になさってください。

    「私のことどう思ってるの?」と責める


    この場合は、あなたをどう思っているか聞くことがいけないのではなく、”責める”ということが最大のNGポイントとなります。彼氏の心情がわからない状態で責め立てるのは、彼氏にあなたの嫌なイメージを植え付けることに繋がってしまうでしょう。

    しつこく聞こうとする


    前項目の”彼氏の気持ちを確かめる方法”でも、「話し合いの場をもつ」「ストレートに考えを聞く」などご紹介しましたが、そんな場面で守らなければいけないことは”質問は一回”ということです。同じことを何度も繰り返し聞いてしまったり、話さないことをしつこく問いただしたりするのは完全にNGといえるでしょう。

    他人をはさむのはNG!


    友人などに頼んで、彼氏の気持ちを聞きだそうとするのはこの場合はNGとなってしまうでしょう。そんな時の彼氏の心情は、あなたでない他の人が聞いても絶対に明かさないでしょうし、また聞けたとしても他人がはさまることで、細かいニュアンスはあなたに伝わらないことが予測できます。どちらにせよ彼氏に嫌な後味も残ってしまうので、避けた方が良いでしょう。

    困っているようならそれ以上聞かない


    彼氏を責め立てるということに似ていますが、あなたが彼氏に何らかのアクションをした時、彼氏が困っているようであれば、それ以上そのことには触れないことが賢明です。

    困るということは少なくとも、彼氏の心情は冷めた・冷めていないの”真ん中”であることは解釈ができますよね。今以上彼氏の感情をかき乱さないためにも、それ以上聞かないことが得策なのではないでしょうか。