社内の既婚男性の「好意のサイン」とは?職場での不倫を防ぐ対処法

  • 社内の既婚男性が見せる好意のサイン【会話編】

    既婚男性が社内に気になる女性を見つけたら、一体どんな好意を見せてくるのでしょうか?今、社内の既婚男性から好意を感じている女性は、当てはまるサインがないか確認してみてください。まずは、「社内の既婚男性が見せる好意のサイン・会話編」からご紹介していきます。

    仕事の相談に乗りたがる


    社内に気になる女性ができた既婚男性は、何とか接点を探して会話するチャンスを探しています。女性の上司という立場であれば、それを利用することをまずは考えるでしょう。「仕事の悩みがあれば聞くよ」とわざわざ聞いてくるような行動が見られれば、それは既婚男性からの好意のサイン。

    こんな会話なら社内の誰かに聞かれても大丈夫…と心のどこかで思い込んでいます。「仕事の後どこかで話しようか?」と誘ってくれば恋愛での好意と受け取って間違いないでしょう。

    自分の家族の話をしたがらない


    「奥さんってどんな人ですか?」と聞いても、なぜかはぐらかす態度が見られた時も、その女性に好意を持っている証拠です。好きな女性には家族の話をしたがらない面を持ち、どこか一途なタイプの既婚男性が多め。

    一途だからこそ社内恋愛と家族は別にしないと、バランスを崩してしまいそうになるからです。「俺の話はいいから」と言って来た場合は、好意を見せていると思ってみてください。

    奥さんの愚痴をこぼす


    先ほどとは反対に、好意を持っている女性に奥さんの愚痴をこぼしてくる既婚男性もいます。話を聞いてくれる女性を信頼し、「こんな状況だから俺に振り向いてほしい」という下心も見せている証拠。こんな風にかまってちゃんな既婚男性もいるので、とても分かりやすいです。

    髪型やファッションの変化に気づいてくる


    「髪の毛切った?」「今日の服装可愛いね」などと、まるで付き合っている彼氏のように小さな変化に気づいてくるのも好意のサイン。既婚男性としては、社内でできる猛アプローチのつもりでもあります。

    ただ、ほかの社員とはそんな会話はしないのも大きなポイント。「自分だけ?」だと気づいたら、既婚男性からの好意にこれからどう対応していくのかを考えなければなりません。

    自慢話ばかりしてくる


    少し分かりにくいパターンとして、やたら自慢話をしてくる既婚男性もいます。好意を持っている女性の目を自分に向けたい…と必死になっている証拠ですが、やや痛々しいのが難点。

    金銭的にも余裕がある年上の既婚男性がやりがちなアプローチですが、金銭目的で近づく女性にとってはちょうどいい相手かもしれません。社内という場でこういった好意を見せてくる既婚男性は、恋愛経験が少ない可能性があります。

    プライベートを知りたがる


    「休みの日は何してるの?」「この後どこかに行くの?」とやたらプライベートについて質問を投げてくる既婚男性も、好意を持っている証拠です。既婚男性にとって社内にいる女性のプライベートは、とても気になって仕方ないものでしょう。

    好意を持っている女性であれば、彼氏の存在やどんな食べ物が好きなのか、どんな店に行くのかなどを知りたくなるものです。「今度一緒に行かない?」と誘うチャンスを期待している様子であれば、間違いなく好意を持たれていますね。