名前で呼んでほしい!名前呼びする男性&しない男性の心理とは?

  • 実際に名前で呼ぶようになった後のメリットは?

    ここまで、『名前で呼んでほしい』と願う女性に向けて、様々な角度からその事について解説してまいりましたが、じゃあ実際に名前で呼んでもらうようになった後に、どんなメリットがあるのか気になりませんか?

    では、最後に目標である“名前で呼んでもらうようになった後”のメリットについても触れておきましょう!

    幸せにな気持ちになる


    言わずもがなではありますが、幸せな気持ちになりますよね。“名前で呼んでほしい”という願いが叶うと、その男性から呼ばれる為にニヤけてしまいそうになるでしょう。

    距離を縮めるために試行錯誤した人であれば、はじめて名前で呼ばれた瞬間の喜びを想像しただけでも幸せな気持ちになれる人もいるんじゃないでしょうか。

    当たり前のメリットではありますが、これは外せないメリットですよね!

    呼び方が先行して距離が縮まる事も


    人の呼び方一つとってみても、呼び方によって男性の心理に違いがある事をお伝えしましたが、その逆で呼び方を変える事でも親密度が上がってくる場合もあります。

    苗字で呼んでいた人を名前で呼ぶ事によって、単に呼び方を変えたという事だけではなく、呼び方を変えた事によって距離が縮まったような感覚になります。

    ですから、苗字+さん付けのような距離を感じる呼び方に対して、『何か苗字で呼ばれるのは違和感があるから下で呼んで!』と頼んで距離を縮めるという方法もあります。

    名前で呼ぶ事で異性として意識する事も


    「上の名前を呼び捨て」の項目でお伝えしたように、苗字を呼び捨てにする心理は、親密度はあるものの恋愛感情とは違う友達としての親しみである事をお伝えしました。

    一方「下の名前を呼び捨て」の項目では、同じ呼び捨てでも特別な関係性という認識を持った“特別な存在”である事をお伝えしました。

    苗字は男性であっても女性であっても変わりは無いですよね?でも、名前だけ見れば女性と分かる名前の人って多いですよね?たとえば「太郎」のような男性っぽい名前の女性は殆ど見かけません。

    つまり、名前で呼んでもらうだけで、女性として意識させる事が簡単にできるとも言えるんです。