連絡が来ない=脈なしではない!連絡しない男性の意外な心理とは?

  • 連絡が来ない…残念ながら本当に脈なしの場合

    自分から連絡するタイプではない男性なら「脈なし確定ではない」と言いましたが、次の場合ならどうでしょうか。連絡が来ない人の中には「これは脈なしだよね?」と薄々感じられる何かが、すでにあるかもしれません。ここでは、残念ながら「本当に脈なしの場合」についてご紹介していきます。

    こちらから連絡しても既読無視される


    「これは脈なし」と残念ながら思うしかないのがこちら。LINEを送っても既読無視されてしまった場合です。いくら待っても連絡が来ないのは、男性側に何かしらの理由があるのでしょう。

    もしかすると、うっかり既読無視してしまった可能性もあります。そのまま待つよりも、もう一度だけLINEを送ってみてください。それでも既読無視されたり、待っても既読がつかない場合は諦めましょう。そこは男性心理を汲んであげて、脈なしだという現実を受け止めるしかなさそうです。

    連絡がきても「うん」だけなどそっけない


    連絡が来ないわけではなくても、こちらからの連絡に対して「うん」や「へー」といったひと言しか返信がない場合も要注意。あまりにもそっけない返事ばかりなら、それ以上墓穴を掘ることは避けるべきなのかも…しれません。「もうちょっと頑張ればきっと」と思わず、少し間を置いてみることが今は必要ではないでしょうか。

    彼の方から連絡は一切来ない


    いつも自分発信だけど、彼の方からは一切連絡が来ない場合も残念ながら「脈なし」ではないでしょうか。連絡することに奥手なタイプの男性だとしても、全く連絡が来ないのはやっぱりおかしいですよね。どうしても諦めたくない気持ちもあるかもしれませんが、「これは脈なしなんだ」と受け止めるしかなさそうです。

    連絡を拒否されてしまったのも脈なし


    これは決定的な脈なしの例ですが、連絡を拒否されてしまった場合も早めに諦めるしかありません。メールやLINEを送ろうとしてもできないならば、それが男性の答えなのでしょう。何も言わずに連絡を絶ってしまうのは残念ですが、そんな男性との付き合いはうまくいかないはずです。

    会っても話しかけて来ない


    連絡をして全く反応が来ないわけではない、でも、会った時に話しかけて来ないのは不自然です。こういう男性は、おそらくLINEなどの連絡を無視することは悪いと思っています。でも、これ以上仲良くなりたいという気持ちは、残念ながら今はないのかもしれません。

    実際に会った時にどういう反応をするのかも踏まえて、脈なしなのかどうなのかを見極めてみてください。