遠距離恋愛は別れやすい?その理由と長続きするカップルの特徴とは

  • 遠距離カップルの別れの前兆って...?

    遠距離恋愛は別れやすいといいますが、別れの際には前兆があるようです。では、遠距離カップルの別れの前兆にはどんなことがあるのでしょうか。

    連絡を取る頻度が減る


    遠距離恋愛するとなると、連絡はマメに取る必要があります。連絡を取らなければ、離れているあいだに二人の仲を深めることはできません。遠距離恋愛が終わる前兆には、連絡を取る頻度が減るというケースがとても多いです。

    それまで当たり前のように連絡を取り合っていたのに、突然連絡が減った場合には、別れが近いのかもしれません。そのため、相手が積極的に連絡をしなくなったと感じたら、さりげなく気持ちを探ってみましょう。

    相手の存在が自分の中で薄くなる


    遠距離恋愛の場合、なかなか会うことができないので、相手への気持ちが強くなければ続かない傾向にあります。離れていても気持ちが変わらない自信がある人は長続きするようですが、どちらか一方が冷めてしまうと、関係の継続は難しいでしょう。

    そのため、相手の存在が自分の中で薄くなると、別れの前兆といえます。自分の気持ちを保つことができなければ長続きしないので、冷めやすい人は遠距離恋愛に向いていないのかもしれません。

    会う回数が減る


    遠くに住んでいる恋人とは、近くにいるカップルに比べなかなか会うことができません。別れの前兆としては、ただでさえなかなか会えないのにさらに会う回数が減るというケースが少なくありません。

    会う回数が減るということは、お互いに会いたいという気持ちが薄れ出している証拠。そのため、以前より会う計画を立てなくなったなと感じたら、別れが近いのかもしれませんね。

    忙しいと言うようになった


    遠距離恋愛の場合、どちらかが忙しいとなかなか会えないですよね。いくら会いたくても、相手に「忙しい」と言われたら、「会いたい」と言いづらくなってしまうことも。それを知ったうえであえて「忙しい」と言う人もいるようです。

    相手が急に忙しいことを理由に会ってくれなくなったら、それは別れの前兆といえます。好きだけど本当に忙しくて会えない場合には、不安にならないように普段以上に連絡をしてくれるなど、気遣いがあるものです。

    そのため、相手が急に忙しいと言うようになった際には正しい見極めが重要になります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)