ぶっちゃけ「不倫したい」?既婚男性がつい不倫したくなる女性の特徴

この記事では、不倫したいと思う男女の本音やバレずに不倫する方法などを紹介しています。不倫は絶対に許されることではないですし、家族を失ってしまうという大きなリスクもあります。不倫したい気持ちを抑えるにはどうしたらいいのかも紹介しているので、参考にしてくださいね!

  • 知ってた?不倫したい女性は意外と多いという事実

    浮気や不倫ときくと、男性がするものと思っている人もまだまだ多いのではないでしょうか。しかし近年は3組に1組が離婚する時代になっており、その原因にはパートナーの浮気や不倫も多くあります。

    共働き家庭が多くなりましたが、それでも女性は産休に入ったりするなど、子育ての期間はがっつり仕事をすることができません。どうしても家庭に時間をとられてしまうため、男性のほうが不倫しているように思われているのかもしれません。

    しかし女性の中にも不倫したいという女性は意外に多く、女性のほうが男性よりバレないで不倫することができるという説もあります。実はバレていないだけであなたの周りの女性にも不倫している人は存在するかもしれません。

    不倫することで毎日に刺激を与えることもできる?


    不倫したいと思うのは、不倫することで毎日に刺激を与えることができるからではないでしょうか。子供が生まれて家庭に入った女性は、毎日が同じことの繰り返しで社会と繋がっている実感を持てず、「自分は何をしているのだろう」と思ってしまうこともあるでしょう。

    そういう女性は旦那さん以外の男性に認められることで、自分の存在価値を確認したり、代わり映えのない毎日に、少しのスパイスを投入しているのかもしれません。

    キャリア志向の女性は、バリバリ仕事を頑張っているうちに、彼氏を作る暇もなく、知らぬ間に上司と不倫関係になってしまったり、恋愛するのが面倒だから、家庭がある男性の方が都合がいいということも。

    一度きりの人生を楽しみたい


    不倫したい気持ちは、一度きりの人生を楽しみたいと思っているからかもしれません。結婚して家庭に入ると、一生同じ男性と時間をともにし、セックスをすることになります。最初の何年かは一緒に住めることが楽しかったり、自分の名前が変わって嬉しい気持ちが続きますが、人間は慣れてしまいます。

    2人でいることに慣れてしまうと、どんなに好きで結婚した相手でも飽きが来てしまい、デートしたいと思わなくなったり、セックスしたいと思わなくなってしまうこともあるでしょう。

    しかし人生は一度きりなので、このままで終わっていいのか自分!と自問自答する人もいるはず。不倫したいと思うのは、自分の心と一生懸命向き合っているからかもしれません。

    現実逃避ができる


    女性が不倫したいと思うのは、現実逃避ができるからという理由もあげられます。結婚してしまうと、多くの夫婦の場合、外に出る機会が減ってしまったり、独身の時のように好き勝手に生活することができません。他人と一緒に住むことでストレスが溜まってしまう人もいるでしょう。

    そういう人は不倫したいと思うことで、一種の現実逃避をしているのではないでしょうか。実際に行動に移さなくても、「こういう男性とデートしたい」「こういうセックスがしたい」などと、自分の理想の付き合い方を妄想することができるのです。
  • 「不倫したいと思うのはどんな時?」男女の本音

    大好きな相手と一生一緒に生きていきたいと思ったから結婚したはずなのに、どんな時に人は不倫したいと思うのでしょうか。不倫したいと思う男女の本音をご紹介します。

    夫婦の夜がうまくいってないとき


    「妻とは3年付き合ってから結婚して、もう10年くらい一緒にいるんだけど、結婚して3年目あたりからセックスが面倒に感じてしまうようで、月に1回に減ってしまった。自分としては週に1回くらいしたいし、快感のためというより、コミュニケーションの一環としてしたいんだけどね。最近は不倫したいなとも思うようになってきた。」(30歳/会社員/男性)

    夫婦の夜の生活がうまくいっていないときに、不倫したいと思うようです。結婚すると毎日同じ相手と顔を合わせて生活するので、性的なシチュエーションや雰囲気を作ることがなかなか難しくなります。

    そうなってくるとセックスに対し消極的になり、なぜだかセックスするのが恥ずかしくなったり、セックスという行為が億劫になってしまうという人も。

    人生に刺激が欲しくなったとき


    「自分は一生懸命勉強して希望の一流企業に就職することができて、仕事にやりがいを感じているし、妻ともほどほどに仲良くしている。でも毎日が同じことの繰り返しで、残りの人生ずっとこのままなのかと思うとなんだかドキッとしてしまった。少しだけ自分の人生に刺激が欲しくて、不倫したいなって思っちゃった。」(34歳/営業/男性)

    人生に刺激がほしくなったときにも、不倫したいと思うようです。どんなに会社で認められていて、やりがいのある仕事をしていても、ふと我に返ったときに、「私の人生はこれでいいのだろうか」と疑問に思ってしまうことってありませんか?

    既婚者がこの疑問を抱いてしまうと、なかなか答えの出ないループにハマり、人生にもう少し刺激が欲しいと感じ、不倫したいなと考えてしまうのでしょう。

    自分で自分の価値を見出せなくなったとき


    「私は結婚当初から夫と喧嘩が多く、今ではお互い空気のような存在になってしまいました。悲しくなった時や辛い時、甘えることができません。友達夫婦は旦那さんと仲良がよく、どうでもいいことまでシェアすることができるのに自分は独りぼっち。私の価値って何だろうって思ったら、寄り添ってくれる人がほしくなり、不倫したいなと思った。」(30歳/サービス業/女性)

    自分で自分の価値を見出せなくなったときも不倫したいと思うようです。他人同士が結婚して一つ屋根の下で暮らすというのは本当に不思議なシステムで、他人同士なのだから価値観が合わなあったり、譲れないことが出てきたりもします。

    そういうことが積み重なっていくと喧嘩が増え、自分の気持ちをパートナーと共有できなくなってしまうという人もいるでしょう。そうなると既婚なのに孤独を感じ、不倫したいと思ってしまうのかもしれませんね。

    パートナーが浮気したとき


    「私の夫は真面目な人で、仕事にも一生懸命だし私にも優しい。でもある日突然謝ってきて、浮気したと告白。私は信じられない気持ちでいっぱいで裏切られた気持ちが消えません。彼は一生懸命謝ってたけど、許せなくて、私もいつか不倫したいと思うようになってしまった。」(27歳/専業主婦/女性)

    パートナーが浮気や不倫をしたとき、自分も不倫したいと思うようです。自分が信頼していたパートナーに裏切られてしまうと、自分の生活の核のようなものが崩れてしまい、ヤケになってしまう人もいるでしょう。

    そんなタイミングで不倫できそうな人がいたら、不倫したいなと思ってしまっても不思議じゃないかも。

    生活に余裕が出てきたとき


    「僕は今までめちゃくちゃ頑張って仕事をして、やっと経済的に余裕が出てきた。でも仕事一筋だったから、全然遊んでこなかったし、家族の時間も削って働いたから、家族にもあまりいい顔をされない。余裕も出てきたことだし、人生楽しむために不倫したいなぁ。」(36歳/自営業/男性)

    生活に余裕が出てきたときも不倫したいと思うようです。今までがむしゃらに一生懸命仕事をやってきた人は、その間適度に遊ぶ時間を持てず、遊びたい気持ちが積もり積もっているため、不倫したいと思うのかもしれません。

    どうしようもなく自分のタイプの人が表れたとき


    「妻のことは愛してるし、子供たちのことも一生守っていこうと心に誓った。でも仕事で超ドストライクの可愛らしい女性に出会ってしまって、恋に落ちてしまった。家庭を壊すつもりは微塵もないし、妻のことを裏切りたくはないけれど、どうしようもなく惹かれてしまい不倫したいと思ってしまっている。」(33歳/会社員/男性)

    どうしようもなく自分のタイプの人が表れたとき、不倫したいと思ってしまう人もいるようです。仕事をしていれば新しい出会いは避けられませんし、自分が好きなタイプの人にであってしまうこともあるでしょう。

    既婚者だからといって出会わないわけでもないですし、そういうことになったら自分の気持ちをコントロールできなくなり、不倫したいと願ってしまうのかもしれません。