男女が「見つめ合う」心理を解説!恋愛に効く目線のテクニックとは?

  • 好きな人と見つめ合うときの注意点は?

    見つめ合うことには恋愛をスタートさせるきっかけになったり恋人同士の絆を深めたりする効果があることがわかってきました。ですが、ただ見つめ合えればいいというわけではありません。

    見つめ方によっては、相手に引かれてしまったりとマイナス効果になる場合もあるのです。好きな人と見つめ合うときには、どんなことに気を付ければいいかチェックしておきましょう。

    凝視すると怖い人に…


    片思いのときにやりがちなのが、好きな人を思うがあまりじーっと凝視するような見つめ方を無意識にしてしまうこと。でも相手からしてみたら、ただの怖い人に見えるので引いてしまうでしょう。

    しつこく凝視するとストーカーっぽくなってしまうので注意が必要です。気持ちに気付いてほしくて念を込めすぎると、顔も怖くなりがちなので気を付けましょう。

    上目遣いはほどほどに


    女性の上目遣いに心惹かれる男性が多いという話もありますが、テクニックとして普及しすぎてもはや古いと思われてしまいます。明らかに狙っているのが見え見えで、男性としても白けてしまうのでやり過ぎは禁物。ほどほどにしましょう。

    意図的に作った表情よりも、自然な笑顔や力の入っていない表情の方が気持ちも伝わりやすいですし、好感が持たれます。

    しゃべりすぎはもったいない


    好きな人と見つめ合うのは緊張するものです。その場の空気に耐え切れず、紛らわすためにどうにかおしゃべりで間を繋ごうとしたくなりがちに。でも、見つめ合うシチュエーションとして「間」こそが恋愛に効果的であることは覚えておきたいポイントです。

    会話が途切れたときに見つめ合い、無言で気持ちを交わし合える関係になることを目指しましょう。

    メイク崩れなどを事前にチェック


    至近距離で見つめ合うのは最高にドキドキしますが、同時にメイク崩れを気づかれる危険性もあります。メイクが崩れていることに気付かれたら残念です。鼻毛が出ているなんてもってのほか。

    好きな人と会う前には見つめ合うことがある可能性も考えて、メイクやエチケットには十分に注意を払いましょう。キレイになって自信を持って見つめることができるといいですね。