男女が「見つめ合う」心理を解説!恋愛に効く目線のテクニックとは?

  • 効果的な「見つめ合うシチュエーション」とは?

    見つめ合うという行為が成り立つには、自分だけが見つめるのではなく相手もこちらを見てくれる必要があります。見つめ合うことには恋愛を始めるきっかけになる可能性も含まれていますが、そもそも見つめ合うという状態になりやすいのはどんな場面でしょうか。

    自然と見つめ合うことができるようにするために、効果的な見つめ合うシチュエーションを学び、いざというときを逃さないようにしましょう。

    二人で会話している最中


    「やっぱり、会話しているときはお互いの顔を自然と見るので見つめ合うことになりますよね。内心ドキドキしますが、彼と見つめ合えるのはかなり幸せです。」(18歳/女性/短大生)のように、二人で会話しているときは一番見つめ合いやすいシチュエーションでしょう。

    「好きな人と見つめ合いながら話していると、ときめきすぎて会話の内容が頭に入ってこない…。」(20歳/女性/ショップ店員)という人も多いですが、見つめ合うことのできる関係なら、恋愛に発展する可能性にも期待できそうです。

    会話が途切れたとき


    「会話しながらも見つめるのですが、お互い無言になったときに見つめ合うとキスするのか!?っていう雰囲気になりそう。」(17歳/男性/高校生)というように、会話が途切れたときこそ見つめ合うのが関係を進展させるには効果的です。

    「会話が途切れたときに見つめられたら、そりゃあチューしたくなりますよね。」(22歳/男性/会社員)というのもうなずけるのではないでしょうか。

    口実を作って目を見る


    「恥ずかしくて見つめられないから、あえて口実を作ります。まつ毛長いよね~とか、コンタクト入れてるの?とか言いつつ見つめ合う、みたいな(笑)」(20歳/女性/会社員)という人もいます。目を見る口実を作ることで、照れ隠しができるということですね。

    口実を作ってしまうと気持ちを通じ合わせるには効果が薄そうな気もしますが、特に相手が脈なしの場合、このシチュエーションだからこそ自然に見つめ合うことができます。