男女が「見つめ合う」心理を解説!恋愛に効く目線のテクニックとは?

  • 見つめればわかる!男性の本音《脈あり編》

    恋人同士でもそうでない関係でも、見つめ合うことができる相手となら心が通い合う可能性は高いでしょう。そこで、恋愛を発展させるにはまず見つめ合う関係になることが重要といえます。

    好きな男性を見つめたときにどのような対応をされるかによって、脈ありかどうか判断できると考えられます。脈ありの場合、男性の対応に隠れた本音を見ていきましょう。

    見つめ返される


    見つめたときに相手もこちらを見つめてくれた場合、それだけでは好きかどうか判断できませんが、少なくとも脈なしではないはずです。なぜなら、興味のない女性と目が合ったときにそのまま見つめようとすることは考えにくいからです。

    もし見つめ返されることが続けば、相手も興味を持ってくれている可能性があるといえるでしょう。

    微笑まれる


    目が合ったときに相手の男性がニコッと笑ってくれたら、それだけで幸せな気持ちになりそうですよね。好きでもない相手が自分を見つめてきたときに微笑む男性もほとんどいないでしょう。

    見つめるという行為に対して微笑んで返してくれる男性の本音としては、少なからず女性に対して好意があることを伝えようとしているのだと考えられます。

    恥ずかしそうに目をそらす


    女性が見つめてきたときにそのまま見つめ合う男性や微笑んで返す男性ばかりではありません。恋愛に慣れていない男性にとっては、女性に見つめられるのは気まずいものです。その場合、見つめられても目をそらすでしょう。

    見つめて目をそらされると女性としてはショックかもしれません。ただ目をそらす際の態度に嫌悪感が見られず、恥ずかしそうな感じであれば男性の本音としては「好きだからこそ気まずい」とも考えられます。そのため、脈なしと判断する必要はないでしょう。