男が別れを後悔する期間や瞬間・心理とは|復縁のチャンスはある?

別れてから『元彼を後悔させたい!』と思う事ってありますよね。元彼が後悔する理由には色んな理由があり、こちらから後悔させる為の方法もあるんです。また、中には復縁を望んでいる人もいるでしょう。そういった人にも役立つ「復縁する方法」なども解説しています。

  • 男性が別れを後悔しはじめる期間ってどのくらい?

    彼氏に突然振られた場合、悔しくて『後悔させてやる~!』と思ってしまう事ってありますよね。また、こちらの気持ちがまだあった場合は『彼氏に振った事を後悔させて復縁したい!』と思う人もなかにはいるでしょう。

    では、男性が後悔するのは別れてからどのくらいの期間が多いんでしょうか。後悔させたい気持ちがあっても、男性が後悔する期間を過ぎてしまっていては、こちらに見向きもせず新しい彼女を見つけてしまうかもしれません。

    別れた直後はあまり後悔しない?


    よくある喧嘩した勢いで別れを告げてしまうケースであれば、『あぁ…感情的になってつい別れを告げてしまった…。』とそれほど期間が経過していなくても、頭を冷やして冷静になる事で別れを後悔してしまう事もあります。

    彼氏から別れを告げられた場合は、このような喧嘩別れでも無い限り、期間が経っていないのにすぐに後悔してしまうという人は少ないでしょう。

    しかし、冷静に決めて別れを告げた場合や、互いに話し合って納得した上で別れた場合は、後悔なくすぐに吹っ切れて新しい彼女を…という切り替えができる男性は少なくありません。

    1ヵ月~3ヵ月くらいが平均


    1ヵ月~3ヵ月くらいが一番後悔しやすい期間と言われています。ですから、後悔させたいのであればこの期間を狙うのが望ましいでしょう。

    この期間内であれば、付き合っていた気持ちの余韻も残っていますので、復縁目当てであってもシンプルに後悔させたいという場合でも、どちらにしてもこの期間が狙い目と言っていいでしょう。

    なかには何年も引きずる人も


    元カノへの想いが強かった場合や、交際期間が長かった場合も引きずる期間が長くなってしまう傾向があります。

    新しく彼女をつくったとしてもその傷は癒える事なく、なかには何年も引きずる人もいます。

    期間が経って忘れかけていても、ふとした瞬間に思い出してしまったりと、何年もの間引きずってしまう男性もいるんです。

    全く後悔しない男性もいる


    女性と比べると男性の方が引きずってしまったり、過去の恋愛にとらわれてしまう傾向がありますが、中にはサッパリとした男性もいます。

    別れた事を全く後悔をせず、当然引きずる事もなく、アッサリと別れる男性もいます。
  • 別れを後悔する男性心理とは?

    では、男性が別れを後悔する心理にはどんなものがあるんでしょうか?

    どちらが別れを切り出したのか、何故別れる事になったのかなど、別れのパターンには色々な種類が存在しますが、男性が別れた事を後悔する心理にも色々な種類があります。

    では「別れを後悔する男性心理とは?」を見てみましょう。こちらも、その心理を綴った体験談を交えてご紹介します!

    いなくなってから寂しくなる


    「別れる時は強がって平気な顔してたんです。でも、二人だった期間が長かったし同棲してたのもあって、一人になった途端に喪失感に襲われて寂しくなり、気付けば後悔してしましたね。」(29歳/男性/医療関係)

    と、大切なものは失ってから気付くと言いますが、気付いた時には家から出て行ってしまって相手はいないという何とも気の毒な話です。

    怒りに任せて別れた事を後悔


    「些細な事で喧嘩して、怒りに任せて別れてしまいました。一人になって冷静になってから期間を空けずに即後悔しました。」(19歳/男性/専門学生)

    このように、ケンカ別れをしたケースでは彼氏が頭を冷やした時点で、やんわり後悔していたり反省していたりする可能性があります。ですから、期間で言えば1~3ヵ月の早い段階でその時期が訪れます。

    いい彼女だったと再認識


    「別れてしばらくしてから、男友達と恋愛の話をしたり実際に元カノ以外の女性を見た時に、あぁ…思い返せばいい彼女だったなぁと再認識します。」(27歳/男性/営業)

    と、元カノの事を思い返したり他の女性の話を聞いたり、実際に見てから彼女の良さを再認識する事はよくある話です。

    一人になった期間に考えて自分の非を認める


    「これまでの喧嘩した時の事や、自分が彼女にしてきた事を考えると自分に非がある事に気付き後悔しました。」(31歳/男性/接客業)

    このように、横柄な態度を繰り返してきた男性は、別れてから自分に非がある事に気付いて後悔するというケースもあります。

    本当は別れたくなかった…


    「普段から自分は男だからという意識が強く、別れ話になってしまっても『別れたくない』なんて情けないと思って言えなくて、そのままの流れで別れる事になってしまいました。当然やり直して欲しいなんて言える訳もなく後悔しかありません。」(24歳/男性/製造業)

    こちらの男性は、良くも悪くも最後まで“男らしさ”にこだわった事で、別れる事もやり直す事も言えずに後悔しているようです。期間は関係なく別れた直後から後悔の念に襲われています。