既婚者なのに好きな人ができた…気持ちの対処法やリスクを徹底解説!

この記事では既婚者なのに好きな人ができてしまった時の対処法や、既婚者なのに好きな人ができてしまったときのリスクなどをご紹介しています。生きていれば素敵な人に出会うのは仕方がないことですが、既婚者になったならば自分の気持ちをコントロールする必要もあるのかも!?

  • 既婚者なのに好きな人ができた…どうしたらいい?

    シングルでも既婚者でも、素敵な異性と出会えば好きになってしまうことはありますし、本当に好きな人ができてしまうこともあるでしょう。それまで異性に対し一途に生きてきた人でも、ある日突然心奪われてしまうことって本当にあるんです。

    既婚者だからといって、素敵な異性が現れたときに、即座に「私は既婚者だ」と頭の中で思える人は少ないのではないでしょうか。「魅力的だな」「素敵だな」と思ってしまうのは普通のことですし、生きている限りそういう人に出会う可能性は否定できません。

    既婚者の人はそういう気持ちを感じた後に、「いやいや自分には家庭がある」と我に返ることができればよいのです。好きな人ができること自体は悪いことではないですが、その気持ちを心に秘めておけない人は色々と問題が出てきてしまうでしょう。
  • 既婚者で好きな人ができた時まず考えるべきことは?

    既婚者で好きな人ができた時は、まず何を考えればいいのでしょうか。自分の気持ちに戸惑ってしまい、受け入れられない人もいるでしょう。好きな人ができることは素敵なことですが、自分が既婚者だと色々と難しくなってしまいます。

    デメリットが多くあることを認識する


    既婚者なのに好きな人ができたときは、まずデメリットが多くあることを認識しましょう。既婚者に好きな人ができてアクションを起こしてしまうと、「家庭が壊れる可能性」「会社にバレたら降格や左遷されてしまう可能性」「子供を悲しませてしまう可能性」「自分の両親を悲しませてしまう可能性」などがあり、良いことはほとんどありません。

    既婚者に好きな人ができると、自分一人の問題ではなく、家族にも迷惑がかかるおそれが非常に大きく、心でひっそり好きな人のことを思えるタイプの人間でないと、夫婦喧嘩が増えてしまったり、それを見た子供を不安にさせてしまったり、悪循環に陥ってしまうでしょう。

    既婚者なのに好きな人ができてしまった場合は、「好きな人はできたけど、死ぬまで心の中で恋をする」と自分に暗示をかけましょう。

    本当に相手に恋をしているのか自分に問いかける


    既婚者なのに好きな人ができた人は、本当に相手に恋をしているのか自分にしっかり問いかけましょう。既婚者だとパートナーと知り合ってから現在まで長い時間をともに過ごしていることが多く、付き合い始めのころのドキドキ感やワクワク感は無くなっている場合が多いです。

    そういう人は好きな人ができたと思っていても、久しぶりに心惹かれる異性が表れてドキドキしているだけで、吊り橋効果と同じように、本当は恋をしていないのに、恋をしてしまったのではないかと勘違いをしてしまっている可能性もあります。

    その気持ちが勘違いの場合は、魅力的な異性が現れるたびに、いちいちどきどきしてしまい、その相手を毎回好きな人だと思ってしまうはず。