【願い事手帳】効果を知ったら今すぐ始めたくなる?作り方を解説!

  • 願い事手帳はどんな人に特におすすめ?

    願い事手帳は、子どもから大人まで誰でも持つことができる手帳です。でも、ぜひ持ってほしい人はこんな人!ここでは、特に願い事手帳をおすすめしたい人をご紹介します。

    ネガティブになってしまうことがある人


    「どうせ…」が口ぐせになっているネガティブ思考の人にこそ、願い事手帳をおすすめします。ネガティブになってしまうのは、成功した自分を思い描けないことが大きな原因。願い事手帳を持つだけで、ネガティブ思考を打破できます。

    毎日をもっと楽しく過ごしたい人


    同じ毎日の繰り返しに嫌気がさしている人も、願い事手帳に何かを書き込んでみてください。幸せな自分をイメージをして願い事を書いてみましょう。もしそれが本当に叶ったら…と考えるだけで、気持ちが明るく楽しくなります!

    恋愛成就させたい人


    好きな人と恋愛成就させたい人にこそ、願い事手帳は持つべきアイテム。元恋人との復縁を願う人ももちろんOKです。告白をしたいけど悩んでいる…という人も、願い事手帳をお守り代わりにしてみてください。

    仕事が上手くいかない人


    何をやっても空回りしてしまい、仕事が上手くいかない時ってありますよね。一度立ち止まって自分を見つめてみてください。そのためにも、願い事手帳が大いに役立ちます。仕事でどのように成功をしたいか考えるきっかけにして、自分の足りない部分を知りましょう。

    ものぐさな人


    目標に向かってコツコツ努力をするべきだ、そうはわかってもいても面倒くさい…という人も、一度願い事手帳に書き込んでみませんか?ただ書き込むだけなので、とっても簡単です。それで願いが叶うなら、本当に凄いと実感できるはずです。

    人間関係に悩む人


    友達の作り方がよくわからない、人間関係のもつれがツラい…という人も願い事手帳に上手くいっている自分をイメージしながら書き込みをしてみましょう。それだけで、大きな効果が期待できますよ。
  • 願い事手帳の作り方とは?

    それでは、「願い事手帳の作り方」の解説に入ります。とても簡単に作れるので、ぜひこれを読みながら願い事手帳作りに挑戦してみましょう。

    手帳を用意する


    まず用意するのが願い事手帳にするための「手帳」です。スケジュール帳のメモスペースを利用するのも可能ですが、できれば専用の手帳を用意してください。日付などが入ったものではなく、メモが取れるような小さなノートでOKです。マス目でも真っ白でも横線入りでも大丈夫。スマホの「メモ機能」を利用する人も増えていますが、これももちろんOKです。

    願い事を書き込む


    願い事手帳を用意したら、さっそく願い事を書き込んでいきましょう。書き方は「○○が叶った!」「○○ができるようになった」「○○が成功した」というように、願い事が叶った想定で書くのがポイントです。

    「叶ったらいいな」や「~までにやる」といったうやむやな書き方や、目標設定のような書き方はNGです。日付は書いても書かなくてもどちらでも大丈夫です。

    手帳を大事にしまう


    願い事を書いたら大事にしまいましょう。願い事手帳を、バッグの中に入れておけば、また願い事が思い付いた時に忘れずに書くことができます。その点、スマホのメモ帳なら簡単に行えますね。

    叶っている願い事があればチェックする!


    願い事手帳を1日の終わりに開いたり、思い出した時に見て、もし叶っている願い事があればチェックをしていきます。この時、叶った日付を記入していきましょう。

    定期的に願い事を整理する


    どんどん願い事を書き込んだ願い事手帳は、1日の終わり、週末や月末、そして年末といった節目に願い事を整理していきましょう。もしかすると、内容が被っていたり、もう叶っていたのに忘れていた…という場合もあります。