2回目のデートに誘う男性心理とは?脈ありかどうかの見抜き方も解説!

  • 「2回目のデート」男性の脈ありサインを見逃すな!

    では、ここでまた女性視点へと戻します。2回目のデートへ誘う場合、どんな女性に対してもフランクな一部の男性以外は、基本的には大なり小なり好意がある事が分かりましたよね。

    では、脈アリかどうかを確定するためにも、2回目のデートで男性の言動から脈アリサインが出ているかどうかを見逃さないように注視しましょう。

    では、2回目のデートで男性が出す脈アリサインには、どのようなものがあるのでしょうか。

    見た目などの外見を褒めてくる


    2回目のデートに誘ってきたという事で、誘われた女性としては脈アリかどうかという事が気になってしまいますよね。

    それは男性からしても同じで、女性が2回目のデートをOKしてくれたという事は、もしかして脈アリ!?と気になっている場合があります。

    たとえば、アプローチの一環として女性の容姿を褒めて好意がある事をアピールする男性もいます。

    過去の恋愛や好きなタイプを聞いてくる


    過去の恋愛スタイルを聞いてきたり、好きなタイプを聞いてくるというのは脈アリサインの代表的なものと言ってもいいかもしれません。

    過去の恋愛スタイルを聞いて、その女性と付き合った時はどのような恋愛スタイルになるのかの参考にするのです。

    また、好きなタイプを聞いて、自分がその好きなタイプに該当するのかなどを検証したいという意図があります。

    いつもより服装に気合いが入っている


    2回目のデートで脈アリサインを見逃さないためには、その男性の普段の服装と2回目のデートの服装を比べてみる必要があります。

    2回目のデートの服装がいつもよりも気合いが入っている場合は、2回目のデートへも意気込んでおり、気合いが入っているという事です。

    デートプランが仕上がっている


    まるで、人気のツアーのようにデートプランの構成が仕上がっている場合は、その男性が前もって完璧なデートプランを練っている可能性があります。

    女性に楽しんでもらおうと思う一心で、前もってデートプランを練っている場合は、余程のエンターテインメント性がある人でない限りは脈アリの可能性が高いと言えるでしょう。

    ただし、そのデートの最中、あたかも何度も行った事があるかのようにスムーズに場所を移動している場合は、同じデートプランを何度も使いまわしている可能性もあるので、その点には注意が必要です。
  • 2回目のデートで好印象を持ってもらう方法とは?

    相手が脈アリかどうかを注意して見極める事も重要ですが、こちらからも好印象を持ってもらうようにアプローチする事が大切です。

    男性側にも好意がある場合は、女性が出す脈アリサインに対しても敏感に反応しますので、より脈アリサインの効果が上がります。

    そして、こちらの脈アリサインを感知してもらう事でますます二人の距離が縮まります。

    いつもより女性らしい服装をしてみる


    男性が出す脈アリサインの解説でも触れましたが、女性もいつもの自分よりも気合いを入れて、女性らしい服装で2回目のデートに挑みましょう。

    ただし気合いを入れすぎて挑発的なスタイルになってしまうと、男性に『え!?2回目なのに誘惑してきてる!?』と勘違いされてしまうので、あくまでも“女性らしさ”を強調した服装にしましょう。

    女性らしい立ち居振る舞いを心がける


    男性は女性の“女性らしさ”というものに魅力を感じます。見た目などの外見だけではなく、女性らしい“所作(仕草)”も例外ではありません。

    飲食店で小皿を取って渡してあげたり、言葉づかいから姿勢まで多岐にわたります。普段から意識していないと、自然に女性らしい立ち居振る舞いを実践する事は難しいものですが、その場で意識しておくだけでもだいぶ印象は変わります。

    ほのかに3回目デートもしたい意思を伝える


    2回目のデートをしている時に『また今度あそこに行こうよ!』や『次は〇〇に行ってみたいね!』など、3回目のデートをほのめかすような発言をする事で、こちらもデートに誘われる事を楽しみに待っているという意思表示をしましょう。

    2回目では、デートするような仲になってまだ日が浅い事もあり、『好き』などの愛情表現は気軽にできないもの。誘ってくれた男性に対してこちらも喜んでいるという意思表示をする事で、こちらの好意を示す事ができます。

    純粋にデートを楽しむ


    2回目のデートに誘ってきた男性が、どういう心理で誘ってきたのかと考えすぎてしまうと、デートどころではないという人も多いことでしょう。でも、純粋にデートを楽しむ事も忘れてはいけません。

    相手の気持ちを読み取る事に集中し過ぎて、デート中であってもその事ばかり考えていると、笑顔もひきつってしまって相手から変な顔で見られてしまうかもしれません。

    ですから、デート自体を純粋に楽しむ気持ちも忘れずに、素敵な笑顔で一日を過ごしましょう。

    デート後のお礼LINEは丁寧に


    デートが終わってわかれた後に届く『ありがとう。』、『楽しかった。』、『またデートしよ。』といったようなメッセージは、男性を一瞬で幸せな気分にさせます。

    どの程度幸せにしてしまう事ができるかというと、人ごみの中で一人でそのメッセージを確認したら、嬉しすぎ人目も気にせずニヤニヤしてしまう程幸せになってしまうようなレベルです。

    メッセージを送るタイミングは早めがいいので、デートが終わってわかれた直後~帰宅するまでの、デートの余韻が残っている間に届くようにするのが望ましいでしょう。