彼氏に振られそう…別れの危険サイン&彼の気持ちを取り戻す方法

  • 振られそうなときにやってはいけないNG行動とは?

    振られそう…と危機感を感じた時、彼氏の気持ちを取り戻す為の対処法をご紹介しましたが、逆にそんな状態の彼氏に絶対にやってはいけないNG行動もあります。

    そのやってはいけないNG行動とは、“更に彼氏の気持ちを遠ざけてしまう”行動です。

    では、そんな彼氏の気持ちを遠ざけてしまうNG行動には、どのようなものがあるのでしょうか。

    浮気してるのでは?と疑う


    余程の疑わしい行動があったのならまだしも、振られそう…と不安に思ったからといって『もしかして、浮気してる?』なんて聞いてしまっては、離れかけている彼氏の気持ちにトドメをさして振られてしまいます。

    振られそうと感じた時にその原因が浮気だった…という場合もありますが、だからといって安易に疑う事はやめましょう。

    振られそうになった途端に連絡をしまくる


    色々な危険サインを感じ取る事で振られそうだと感じる訳ですが、危険サインには様々なものがあります。それらに共通している事は“何らかの理由で彼氏の愛が冷めている”可能性が高いという事です。

    そんな時に、不安のあまり執拗に連絡をしてしまうと、更に冷めさせてしまう危険性があります。

    相手に対して怒りをぶつける


    彼氏にもっと愛されたいのに冷めたような態度をとられ、愛されないどころかこのままだと振られそう…。

    自分の理想とは余りにもかけ離れた現実に、不安を通り越して怒りの気持ちが湧いてしまう人も少なくないでしょう。しかし、怒りをぶつける事で気持ちが離れる事はあっても、取り戻せる事はありません。

    彼氏以外の男性と二人きりで会う


    不安になった時に同性の友達と会ったり、男友達に相談するのは問題ありません。しかし、男性目線の意見を聞きたいからといって、男性と2人で会って相談するのはやめておきましょう。

    なぜなら、ただでさえ気持ちが離れかけている彼氏が、いくら相談相手とはいえ彼女に男性の影がある事に気付いた場合はどうなるでしょうか…。最悪の事態に発展する危険性もあるので、「振られそう」と感じるときは、特に男性と2人で会うことはオススメしません。