彼氏に振られそう…別れの危険サイン&彼の気持ちを取り戻す方法

  • 彼氏の気持ちを取り戻す方法とは?

    “彼氏の態度が冷たくなった”、“冷めてきたっぽい”など、このままだと振られそう…と感じた時には、勘違いでなければ彼氏の好きという気持ちが徐々に薄れてきているという事です。

    では、その愛情を取り戻す事はできるのでしょうか。

    振られそうと感じ始めたのはいつ頃か、何故か


    そもそもいつ頃から彼氏の態度が変わったのか、また何故変わったのか原因を追究しましょう。

    彼氏の愛情を取り戻す方法は複数ありますが、闇雲に色々試す前に何が原因なのかを突き止める事も大切です。

    最近の会話で自分に対する不満を何か言っていなかったか、LINEを見返してこちらに対して直して欲しい事を伝えていなかったかなど、彼の発言にヒントが無いのか探してみましょう。

    新鮮なデートを企画してみる


    マンネリ化してきた二人のデートを、いつもと違ったデートにしてみるという方法です。新しい場所、新しい遊び方で新鮮な気分を味わって、二人の関係までも新鮮なものへと変えてしまいましょう。

    この作戦で、“彼女と会う事は楽しい事だ”と思わせることができれば、彼氏はいわば“錯覚”のような感覚に陥ります。

    初心にかえる


    まず、愛情を感じなくなったり振られそうだと感じた場合は、“ラブラブだった時”と“振られそうだと感じている今”との違いを見つけましょう。

    最初の頃は今よりも愛情表現をいっぱいしていた…、最初の頃は今よりも彼氏を最優先に考えていた…など、最初の頃と今とでは、彼氏に対する自分の言動や態度に変わった事が無いのかを発見するために、初心にかえってみましょう。

    そして、彼氏の気持ちを冷めさせてしまう行いが自分にあれば、まずそこを改善する必要があります。

    普段から押しているなら逆に引く


    普段から大好き過ぎて、精一杯の愛情を表現しているにもかかわらず振られそう…と感じているなら、その愛情表現が原因で、彼氏の気持ちが遠ざかっている可能性もあります。

    また、束縛していたり重たい女だと思われていないかも、自分の胸に手をあてて考えてみましょう。

    ただ、引く時の“引き方”は慎重にしないと冷めていると捉えられる危険性もあるので、気を付けましょう。引く時はその分、“必ず”他で愛情表現を出しましょう。

    自分の気持ちを伝える


    押し過ぎているなら引くのが効果的であるように、引き過ぎているなら押してみるのが効果的です。

    普段愛情表現を出せていない人は、自分の気持ちを伝える努力をしましょう。その表現は言葉であったり、態度であったり、言動であったりというように、表現する方法を一つに決めずに、色々な方法で気持ちを伝えてみましょう。

    彼氏好みの女性を目指す


    “自分を持つ”という事は大切な事ですが、自分を持ちすぎるあまり彼氏の好みの女性からかけ離れすぎてしまうと、男性からすると『俺に魅力的だと思われたくないのかよ…。』と彼女の自分に対する気持ちを疑ってしまう結果になる事もあります。

    また、彼氏好みの女性になろうと努力している姿は、“彼氏の事が好きだから彼氏のハートを掴みたい”という、強力な愛情表現にも成り得ますので、先の項の“引く時”にこの愛情表現を実践してみるのもいいでしょう。