彼氏に振られそう…別れの危険サイン&彼の気持ちを取り戻す方法

  • 彼氏に振られそう...その『原因』は?

    彼氏に振られそう…と感じた時点で、できる限り早く原因を探るべきでしょう。その原因が分からない場合は、対処法も分からないため、対策をとったしても逆効果の行動をとってしまう危険性があるからです。

    たとえば、彼女からの連絡が多くて鬱陶しいと思った事で冷めてしまった彼氏に、気を引くために連絡をいっぱいしてしまっては逆効果になりますよね。

    そんな逆効果の対処法をとらないためにも、早めに原因追求することが得策です。では、どのような原因があるのか体験談を交えて見てみましょう。

    他に好きな女性ができた


    「だんだん彼氏から愛情を感じなくなってきて、冷めてきたのかなと思った矢先『好きな女性ができたから別れてくれ』と言われました。」(21歳/女性/学生)

    こちらの女性は気付くのが遅れたせいなのか、彼氏が他の女性に気が向くのが早かったのか、気付いた時には時すでに遅しと言った感じで別れを告げられてしまったようです。

    あなたに飽きてしまった


    「最初は会う度にエッチしていたのが、徐々にエッチの回数も減ってきて最終的にはセックスレスになってしまいました。このままでは振られそうだと思い彼氏に、どうしてエッチしてくれないのか聞いたら飽きたと言われました。」(30歳/女性/テレアポ)

    こちらの体験談も非常にひどい話ですが、飽きてしまったという理由でセックスレスとなり、彼女がこのままだと振られそうだと不安を感じてしまうケースです。

    あなたの容姿に不満がある


    「最初は容姿を褒めてくれてたのに、交際して1年を過ぎたくらいから容姿の悪口を言うようになってきたんです。

    イジってるだけだと思っていたら、友達とばかり遊ぶようになってきて、いよいよ振られそうな予感がしたので、一度話し合いをしたら私の激太りが原因でした…。」(35歳/女性/飲食店)

    こちらの女性のケースは太ったりして体型が変わった事や、彼氏の嫌いな髪型をしたなど、容姿が変わった事により彼氏の態度が急変したケースです。

    あなたの内面に不満がある


    「私は心を許した相手にはとことん気を抜いてしまうんですが、扱いも雑になってしまうんです。そういう事から一度彼氏が冷めて振られそうになった事があります。」(28歳/女性/秘書)

    このように、逆にこちら側が相手に対して逆に冷めたのかな…と思わせるような行動をとってしまう事で、相手の不満が募ってしまい冷められてしまうケースもあります。

    忙しくて恋愛している余裕がない


    「会う回数も電話する頻度も減ってきて、このままだと振られそうだと思い彼氏に抗議した結果『忙しくて恋愛している余裕がない』と言われました。」(28歳/女性/OL)

    こちらもまた酷い理由ですが、恋愛している暇も無い程忙しいという理由です。

    ただ、“忙しい”と言う理由は、嘘をつく時に多くの人が使う、もっともポピュラーな“嘘”である点にも注意が必要です。