サシ飲みは好意の証…とは限らない?男女の心理&脈アリ行動を解説!

  • 好意のある異性とサシ飲み!注意点は?

    好意を持っている相手ですから、注意すべき点はしっかりと押さえておきたいですね。次のことを参考に、サシ飲みにのぞみましょう。

    飲みすぎには要注意!


    サシ飲みの注意点として、飲み過ぎないことは第一に考えましょう。これは男性にも女性にもいえることです。女性を送れないほど泥酔してしまう男性も、歩けないほど泥酔してしまう女性も、見ていて良いものではありませんよね。

    一緒にサシ飲みをしている相手に恥をかかせることにも繋がってしまいます。ですから、お酒を飲む量・ペースはきちんと守って、いつも以上に気遣いをしましょう。

    お酒を強要しない


    酔いが回ってくると、好意を持っている相手に自分と同じように飲んでもらいたい気分になることがあります。特にお酒が強い方に多いのですが、相手に「飲め飲め」とお酒を強要してしまうのです。これはあまりいい行為とはいえませんね。

    相手のお酒の適量を分からず強要してしまったら、後で大変なことになるかもしれません。ですから自分はお酒が強くても、無理強いしないことは鉄則といえます。

    気分が悪くなったら無理せず帰る


    せっかくのサシ飲みのお誘い…たとえ好意を持っている相手と一緒にいる場面であろうと、気分が悪くなったら無理はいけません。食事だけで具合が悪くなることはまずありませんが、サシ飲みの場合はお酒がつきものです。

    お酒が弱い方なら途中で気分が悪くなってしまうこともあるでしょう。そんな場合は無理せず相手にそれを伝え、早めにその場をおひらきにすることが得策です。飲めないお酒で失態をおかすことがあっては、それこそその時間は無駄になってしまいます。

    帰りの時間を忘れない


    これは特に男性にいえることですが、好意を持っている女性を誘っている立場から、帰りの時間はしっかり気にしてあげましょう。

    終電の時間まで飲んでいる場合は、帰りの時間はとても遅くなっているはずです。送り届けるまでを責任と認識し、気遣いをしてあげることが最善といえます。

    相手の顔色もチェック


    好意を持っている相手が気分が悪くないか、顔色をチェックする事も気遣いの一つではないでしょうか。お酒が入っていることから、赤くなったり青白くなったりすることが考えられます。体調が悪くないか、時に相手の顔色をチェックするのも大事な注意点です。

    飲めるからといってどんどん飲まない


    自分はお酒が強いと自負している方でも、好意を持っている相手が同席しています。普段通りジャンジャン飲むことはなるべく控えた方が良いでしょう。そんな時に限って失敗をしてしまわないとも限りません。こんな時ほどお酒が強い人は注意が必要です。