サシ飲みは好意の証…とは限らない?男女の心理&脈アリ行動を解説!

  • 気になる異性とのサシ飲みで使える会話術

    好意を持つ気になる相手とのサシ飲みで、大事なのは”会話”です。そんな大事な場面で使える会話術をレクチャーしていきましょう。会話に詰まったら、次のことを参考にしてみてください。

    秘密を共有する


    二人だけで秘密を共有するのはとても効果が期待できます。それは大きな秘密でなくても構いません。ちょっと笑えるような、秘密といえないような些細な秘密でも良いでしょう。

    要は、サシ飲みしている二人だけが知っていれば良いのです。後日その話で盛り上がれば、二人の関係が少し近づいたことが実感できるようになります。

    適度に質問をする


    質問攻めは良くありませんが、まったく相手のことを聞かないのも好意がないのかと思われてしまいます。ですから、適度に相手に質問をしましょう。

    こちらが相手に対して知りたい・聞きたいことが伝われば、好意を持っていることを感じてもらえるはずです。ですが、初めてのサシ飲みであれば、突っ込んだ質問は注意が必要です。いきなり相手の家族のことを質問したりするのは避けた方が賢明でしょう。

    相手の話に共感する


    会話の途中で相手の趣味についての話題が出た時など、相手が興味があることには突っ込んだ質問をしても構わないでしょう。そして大きく関心を示し、共感することで相手は嬉しく感じるはずです。

    自分が好きなことに関心を示してくれれば、嫌な気持ちになる人はいません。そんな相手に対しては次第にこころを開き、好意を持ってくれるようになるのではないでしょうか。

    褒め言葉は必須


    男性に対しては「スゴイ!」や「カッコイイ!」という言葉を、女性に対しては「かわいい」や「優しいね」などの褒め言葉を忘れずに言うと良いでしょう。褒め言葉というのは、いわれて気分を害する人はまずいません。

    ですがここで注意したいのは、言い過ぎないことです。このような褒め言葉は、少ないからこそ効果を発揮します。別れ際などのちょっとした瞬間に、一言二言添える感じで使うと効果絶大でしょう。

    二人で盛り上がれる話を見つける


    お互いが共通して好きなものを一つ、会話の中で見つけると良いのではないでしょうか。それが分かると、二人でそれについて盛り上がることができます。たとえば好きな芸能人や映画、食べ物やサシ飲みのメインであるお酒についてなどです。

    人間は好きなものについて話している時はとても楽しいものです。それを共有する時間こそが、二人の距離をグッと近づけることになるでしょう。

    自分の話も大事


    前で相手に適度な質問をするという項目をあげましたが、相手の話だけでなく自分の話をすることも大事です。自分の話に関しては、制限すべきことはありません。

    自分が知ってもらいたいこと、教えたい趣味など自分が話したいことなら何を話しても良いのではないでしょうか。話の内容に制限はありませんがボリュームには注意が必要です。やはりこの場合も”適度に”を心がけた方が良いでしょう。