サシ飲みは好意の証…とは限らない?男女の心理&脈アリ行動を解説!

  • サシ飲みで好意がわかる?サシ飲み中の脈ありサイン

    いざサシ飲みに誘うことに成功したら、今度は相手が脈アリなのかどうなのか知りたいですよね?次のことなどが当てはまる場合は、限りなく脈アリととっても良いと思われます。注意して相手の言動を観察してみましょう。

    駅やタクシー乗り場まで送ってくれる


    特に男性の場合、その場をおひらきにした後きちんと駅やタクシー乗り場まで送ってくれたら脈アリといえるのではないでしょうか。女性をきちんと心配してくれていることが好意の表れと解釈できるでしょう。

    視線で好意が分かる?


    飲んでいる最中、視線がじっとこちらに向く場合はもちろん好意があると解釈できますが、逆にまったく目を合わせないのも脈ありサインといえます。好意があるほど、人は恥ずかしいという心理から、あえて相手の顔を見ません。

    視線を逸らしながらでも笑顔の回数が多い場合は、好意を持っている可能性がとても高いでしょう。一方、視線を逸らしながらつまらなそうに他の席ばかり見ている場合は、残念ながらその場が楽しくないと感じている可能性が高いです。

    途中で飲むのをやめる


    特に男性にいえますが、途中でお酒を飲むのをやめる場合は、それ以上酔わないようにしていることが考えられます。大事な告白をしようと考えている、または帰りにきちんと送り届けることを考えているなど、正気を取り戻すためにお酒を飲むのをやめるのです。

    こんな男性は脈アリであるだけでなく、とても真面目にあなたのことを考えてくれているでしょう。

    帰りの時間を気にしない


    楽しい時間は過ぎるのがあっという間です。サシ飲みの場合はお酒も入っていることから、つい帰りの時間が迫っていることを忘れてしまいがちでしょう。ですが、これこそが脈ありサインといえます。

    楽しい時間であることが、時間を忘れてしまう原因なのですから、そのサシ飲みは楽しいということに他なりません。それほど楽しい時間と思っているくらいですから、もちろん相手は好意があると考えても良いでしょう。

    「次は〇〇へ行こう」


    サシ飲みの最中、「次は〇〇へ行こうよ」と”次のサシ飲みの約束”をしようとする相手は、かなり脈アリでしょう。この言葉は、”今回のサシ飲みは楽しかった、また今度もあなたと行きたい”という相手への好意の表れなのです。