サシ飲みは好意の証…とは限らない?男女の心理&脈アリ行動を解説!

あなたがサシ飲みに誘う相手はあなたにとって好意のある人でしょうか?また、サシ飲みに誘ってくれた相手が自分に好意を持っているのか知りたいと感じたこともあるでしょう。どちらのケースも、男性・女性では心理に違いもあり理由もさまざまなようです。その脈アリ度も分析してみました。

  • サシ飲み=好意があるとは限らない?

    サシ飲みとは、一対一でお酒を飲むということです。この言葉は男性同士の場合や、男女で飲む場合にも使われます。女性同士の一対一の場合にはあまり使われることはあまりありません。一対一の”さしむかい”でお酒を飲むことから、サシ飲みといわれるそうです。

    男性同士のサシ飲みは、主に友達同士や職場の同僚といった仲の良い間柄でするものですが、男女でのサシ飲みにはどんな意味があるのでしょうか?一対一ということならばデートと同じ意味を持つのではないか…そう考える方もいるでしょう。

    異性とサシ飲みする心理は男女で違う!


    サシ飲みは一対一でする行為ですから、まず第一にあげられることは”嫌いな相手ではない”ということです。そして誘う側が男性の場合、女性の場合、それぞれの心理は違うことが考えられるでしょう。

    好意にもいろいろあって、彼氏・彼女にしたい”好き”と、人として”好き”は似ているようでも若干ニュアンスが異なります。今回は男性からのサシ飲みの誘い、女性からのサシ飲みの誘いの心理を体験談から紐解き、こんな時は脈アリといった見抜き方も検証していきましょう。