不倫が終わるのはこんな時…不倫の結末9パターンときれいな別れ方

  • 終わらせるべき不倫を続けた先の結末とは…

    不倫を終えるタイミングを逃し、終わらせるべき関係を続けてしまうと、さまざまな代償が待ち受けているようです。そこで、不倫を続けたことで失敗してしまった例を4つご紹介します。

    婚期を逃す


    終わらせるべき不倫関係を継続すると、婚期を逃してしまう可能性があります。将来性がない関係を続けているあいだにも、年齢はどんどん上がっていきます。気がついたら不倫関係が続いていたという場合、婚期を逃してから我に返ることも。

    そのため、将来結婚したいと考えている人は、不倫は長く続けないようにしましょう。気付いたときにはもう手遅れだった、なんていうことにならないためにも、リスクのある関係は早めに終わらせるよう心がけましょう。

    友達が減る


    不倫している人にとっては、結婚していることは知っていても、止められないほど気持ちが大きくなってしまったという理由から、どこかで「しょうがない」と思っている人が多いようです。

    しかし、世間では不倫に対して厳しい意見を持つ人がほとんどです。そのため、不倫をしているということがバレると、友達が離れていくことも不倫あるあるの一つです。終わるタイミングを逃すと、気付けば友達がいなくなり、ひとりぼっちになっていた、なんていうことも。

    それを防ぐためにも、周りにバレる前に不倫を終わらせることをおすすめします。

    集中できなくなる


    不倫を続けていると、常に罪悪感や後ろめたい気持ちに支配されてしまうようです。そして無意識のうちに心ここに在らずの状態に陥ることも。そうなってしまうと、集中力が下がり、仕事に支障が出ることも。

    不倫はマイナスの感情が付きまとうことなので、周りに迷惑をかける前に終わらせることをおすすめします。そんな状態を長く続けるとストレスになり、体調を崩したりすることもあるので注意が必要です。

    結婚相手に恨まれる


    いくら好きだからといって結婚している人に手を出すと、バレたときに相手の結婚相手に恨まれてしまいます。さらに、恨みが強ければ強いほど、反撃される危険性があるので注意が必要です。

    不倫していた人が酷い反撃に遭っても、周囲は自業自得としか思ってくれないものです。そのため、余計な恨みを買わないためにも、不倫関係はバレる前に早めに終わることを決意するようにしましょう。