不倫が終わるのはこんな時…不倫の結末9パターンときれいな別れ方

  • 「不倫が終わる時」9パターン

    不倫が終わる時とは、人によってタイミングが違います。そこで、不倫が終わる時のパターンを9つご紹介します。不倫を終わらせるべきか悩んでる人は参考にしてみてください。

    どちらかの恋愛感情がなくなったとき


    不倫関係とは、お互いに結婚相手がいる状態での交際ということになるので、普通のカップルに比べて別れる理由は多くあります。お互いが好きで我慢できない状態で交際がスタートするケースが多く、その場合には恋愛感情がなくなるとすぐに破局につながることも。

    将来を考えるようなカップルの場合、多少恋愛感情が薄れても、将来家族になる相手ということを前提としているので気にならないという意見も少なくありません。しかし、不倫関係の場合、どちらかの恋愛感情がなくなったときが別れのタイミングとなるケースが多いようです。

    倦怠期になったとき


    付き合っている男女が避けては通れないのが倦怠期。不倫関係の場合、倦怠期になるとケンカの際にふと「自分はなにをしているんだろう」と我に返るという意見が多いです。ケンカをすると、その瞬間相手のことが嫌になることってありますよね。

    そんなとき、「周りを傷つけてまでこの人と一緒にいる意味ってあるのかな?」と冷静に考え、別れを意識することも。そのため、不倫カップルにとって倦怠期は、普通のカップルより別れるタイミングとなる可能性が高いです。

    どちらかの気持ちが大きくなりすぎたとき


    不倫とは好きという気持ちが大きくなればなるほど辛くなるものです。たとえば、どちらか片方の気持ちだけ大きくなりすぎると、気持ちがすれ違いうまくいかなくなることもあるので注意が必要です。

    家庭を持つ身で不倫相手に対する気持ちが大きくなると、それが日常生活に支障を与え、家族にバレてしまう危険性もあります。そんな最悪な事態を避けるためにも、どちらかの気持ちが大きくなりすぎたときは別れのタイミングかもしれません。

    どちらかに子供ができたとき


    不倫関係の場合、男性側に妻がいるとなると、いつ子供ができても不思議なことではありません。しかし、不倫をする男性のほとんどが、妻との関係が良好でも「夫婦仲が冷め切っている」などと嘘をつく傾向にあります。

    そのため、正妻に子供ができたとなると、不倫相手が傷ついて別れを決意することも。逆に、不倫相手である女性に子供ができた場合は修羅場に発展し、別れる可能性がグンと上がります。男女のマナーとして不倫関係である場合には避妊は徹底するべきといえます。