男にとって女友達はどんな存在?男の本音・好きな人との違いを解説!

  • 女友達と好きな人では態度や会話が違う!?

    同じ女性とはいえ、恋愛感情がある相手とない相手とでは、当然接し方も違ってきます。大切な友達ではあるけれど、女友達はあくまで異性の友達としか見ていない男性も多いため、女性扱いしないことも珍しくありません。

    それでは、女友達と好きな人とでは、男性の態度や会話にどのような違いがあるのでしょうか。具体的な違いをパターン別にご紹介します。

    ボディタッチが増える


    男性の中には、口下手な人が少なくありません。好きな気持ちを口に出すのが下手だったり照れ臭い場合は、ボディタッチで気持ちを伝えることもあるでしょう。

    手を握りたい、抱きしめたい、キスしたい、という感情は、「好き」という気持ちがあってこそなのです。なので、女友達をベタベタ触ることはめったにありません。もし、女友達にボディタッチしたり、体に触れる回数が増えるようなら、脈ありのサインである可能性が考えられます。

    褒め言葉が多くなる


    男性が女性の容姿や性格を褒めるのは、その人のことが好きな場合が多いようです。恋愛対象だからこそよく観察し、魅力的に感じるのです。さらに、やたらと褒め言葉を並べるのは、好意のアピールであるとも考えられます。

    そもそも男性は、コミュニケーションのために人を褒めることが女性ほど多くありません。たとえば、身近な女性が髪を切ってもわざわざそれを指摘したり褒めたりしないのは、単なる女友達だと思っているためかもしれません。

    自分の見た目に気を配る


    男性は、ただの女友達の前では着飾る必要を感じません。自分をカッコよく見せようと思っていないので、ヨレヨレの服や寝癖がついた髪型で会う人もいるでしょう。

    一方、好きな人に良い印象を与えたいのは男性も同じです。恋愛対象の女性の前では身だしなみに気をつけたり、ファッションや髪型をオシャレにしたりと、自分の外見に気をつけます。また、今までとは違った自分をアピールしようとガラッとイメチェンするのも、好きな人が近くにいる可能性が高いでしょう。

    会話を盛り上げようと頑張る


    多くの男性は、好きになった人と話すチャンスがあれば、好印象を持ってもらおうと俄然張り切ってしまうもの。恋愛感情のない女友達ならば「へー、そうなんだ」で終わってしまう会話でも、好きな人が相手であれば、質問したり、笑わせて盛り上げようと努力します。

    また、会話の中で相手への質問が多いのは、好きな人のことをもっと知りたいという気持ちの表れであることが多いものです。もし、あなたとの会話で質問が多いのならば、脈ありかもしれませんよ!

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)