既婚者同士の片思い…諦める?告白する?既婚者の恋愛マニュアル

  • やっぱり既婚者同士はダメ!片思いを諦めるには?

    既婚者同士という状況で、片思いを実らせるのはあまりにリスクがあります。失うものも大きすぎますし、取り返しの付かないことになります。それなのに、案外簡単に恋愛が始まってしまうケースも少なくないのが怖いところです。

    危険な道に足を踏み入れる前に、自分の気持ちに区切りをつけて、スッパリと片思いを諦めてしまえたら、それが一番安全な選択肢であることは言うまでもありません。でも、なかなか諦められない…。

    そんな人のために、片思いを諦めるためにすべきことをまとめました。思いのまま突き進む前に、一度冷静になりましょう。

    不倫のリスクを考える


    もし、告白して不倫関係が始まってしまったら…ということを、とことん想像してみましょう。不倫はバレます。バレていないと思っても、実は配偶者が気付いていて、制裁を与えるために水面下で動いている可能性も考えられます。

    しかも既婚者同士ですので、自分の家族だけでなく相手の家族にもバレて、慰謝料を請求されたり職場に乗り込まれたりするかもしれません。実家にもバラされたら、帰る場所はどこにもなくなるでしょう。子どもにも深い傷を与え、親権も失い二度と会えなくなることも考えられます。

    既婚者だから魅力的に見えるのだと気付く


    そもそも、片思いしている相手は他の人と結婚しています。家庭内は冷めきっていると見せかけて、実際はそうでもなく仲良くやっているのではないでしょうか。

    相手に魅力を感じるのなら、それはその人の奥さんもしくは旦那さんのお陰です。既婚者だから魅力的に見えているのであって、本人もそれに気付いていないだけ。

    もし相手も既婚者同士の恋愛に乗り気だったとしたら、お互いに家族のことなど一切考えない私欲の強い人間ということです。

    片思いしていることを信頼できる友人に相談する


    自分だけでは片思いをどうしても諦めきれないという場合は、誰かに相談してみましょう。信頼できる友人に打ち明けてみるのがおすすめです。本当に心ある友人なら、きっぱりと諦めるよう釘を刺してくれるはず。

    大切な友人にも応援してもらえない片思いは、話しているうちに気持ちが整理されて冷静な判断ができるようになるでしょう。第三者に話すことで、自分の気持ちに区切りがついたという人は実際に多いです。

    家族との関係を見直す


    既婚者同士で惹かれ合ってしまう場合、その背景として、お互いが家族との関係に問題を抱えていることがほとんどです。会話が全然ないほど冷めきってしまっている・家庭内に居場所がない・セックスレスなどが考えられます。

    片思いを膨らませて既婚者同士の恋愛に発展してしまう前に、自分の家族との関係を見直すことが大切です。その結果、これ以上一緒にいる意味がないと感じたなら、離婚してから恋愛を始めましょう。ただ、相手が既婚者のままなら結局不倫になってしまい、状況は全く変わらないので、相手の本気度を見極めお互いがフリーになってから再出発しましょう。