既婚者同士の片思い…諦める?告白する?既婚者の恋愛マニュアル

  • 既婚者同士の恋愛にメリットはある?

    既婚者同士の恋愛=不倫ということで、危険なイメージを持たれがちですが、それでも足を踏み入れてしまう人も多くいます。

    それには、ただ単に相手への片思いを諦められなかったという背景がありますが、そうではなく既婚者同士の恋愛にメリットを見出しているというケースもあります。では、既婚者同士の恋愛のメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

    片思いしているだけで恋愛を楽しめる


    先のない恋愛だからこそ、片思いを続けられるというメリットがまずは挙げられます。お互いの家庭を壊す気がなくリスクを背負う覚悟もないため、あくまで片思いの状態を抜け出さずに恋愛を楽しむということです。

    叶うことのない恋愛と思っているからこそ、誰も傷つけることなく一人で楽しめるという考え方をする人も少なからずいるようです。密かな片思いの段階に留め、次のステップに進めなくてもいいと諦められるなら確かに問題はないでしょう。

    独身同士よりも気楽に付き合える


    片思いではなく実際に付き合った場合、独身同士なら将来を気にするようになっていきます。でも、そもそも既婚者同士ですのでお互いの家庭を壊す気がなければ、遊びのような気楽な関係のままでいられます。

    会いたい時、お互い都合のいい時だけ会って、相手に責任を持たない・持たせない関係なので、純粋に恋愛だけを楽しめるというメリットがあるのでしょう。

    スリルを楽しめる


    不倫はいけないことと考える気持ちが強い人ほど、背徳感やスリルが刺激となってのめり込んでしまうといわれます。いけないことをしている状況や、誰にも言えない秘密の関係であることが快感になってしまうのです。

    また、もともとただの浮気相手と割り切って、スリルを楽しむ関係としてゲーム感覚で付き合うという人もいます。

    恋愛が充実すると家族に優しくなれる


    逆説的ですが、夫や妻にときめかなくなってしまった寂しさや、常日頃感じている不満を他の人によって埋めてもらうことで、家族に優しくできる余裕が生まれるというメリットもあります。

    浮気すると夫や妻に優しくなり、逆にバレてしまうとよくいわれますが、まさにそのパターンですね。バレないように優しくするというよりは、恋愛によって心が生き生きと元気になり、家族を大切にしようとする気持ちが生まれる…というのも、なんとも皮肉なものです。