【あの頃に戻りたい...】過去にすがる原因から対処法まで徹底解説!

  • あの頃に戻りたいと思ったときの対処法

    良かった時代を思い返し『あの頃に戻りたい』と願う事には、メリットもありますが多くのデメリットも存在するため、できる限り前を向いて生きて行きたいですよね。

    そのような考えを持ってしまう人の特徴と、そのような考えを持たない人の特徴をご紹介しましたので、どのような思考回路でいれば大丈夫なのかという事がおわかりいただけたことと思います。

    しかし、気を付けていてもやっぱり『あの頃に戻りたい』と思ってしまう時が来るかもしれません。では、その時にどのように対処すればいいのでしょうか。

    同じ状況で輝いている人を参考にしてみる


    過去に戻りたい思ってしまう人は、その良かった過去のような時代が再び訪れるとは思っていません。また同じような輝きを得ることが不可能だと考えているからこそ、過去に戻りたいと思ってしまうんです。

    それなら、すでに諦めてしまっている自分と同じ状況で、今現在輝いている人をじっくり観察してみましょう。年齢や仕事などが、自分と同じ“環境”の人を観察するのが望ましいでしょう。

    同じ輝きを得るのが不可能に思えてしまう心理には、現在の環境では無理だという諦めがあります。

    同じ境遇でも輝いている人を観察する事で、自分にも頑張れば明るい未来が待っているという事を感じましょう。そして、“環境が悪い”のではなく、“自分が悪い”事を認めましょう。

    今の自分を褒めてくれる人を見つける


    『過去にさえ戻ることができれば、すべてが上手くいくのに…。』そのような思考回路の人は、自分で満足の行かない現状を打破する自信がありません。

    このように自尊心がなく、自虐的な思考回路の人は『時が戻ってさえくれれば…。』と他力本願になってしまう傾向があります。

    自分に自信を持てるようになるためには、自分の事を褒めてくれる人を見つけて、自尊心を高める事が効果的なのです。

    “戻りたい”ではなく“戻る”為に努力をする


    『あの頃に戻りたい』と思ってしまう事は、悪い傾向を生んだり、多くのデメリットも生んでしまう可能性があります。しかし、少し考え方を変えると、意味合いが大きく変化して、ポジティブなものに変わるかもしれません。

    過去を振り返るだけなら、悪い事ではありません。問題は、“戻りたい”などと物理的に不可能なタイムトラベルを願ってしまっている事です。

    しかし、現在を過去のような輝いていた時代に変える事は不可能ではありません。“戻りたい”ではなく“戻る”為にどうすればいいかを考え、努力する為に過去を振り返るのであれば、問題はありません。

    自分に自信をつける


    自分に自信があれば、良かった時代に戻りたいなどという考えを持たなくても、今現在において幸せを掴む事ができたり、幸せになれるように努力が出来ます。

    しかし、自分に自信がない人は、現状に不満を抱いたところで、『どうせ何も変わらない』と諦めてしまいます。

    そんな悪循環に陥りたくなければ、『あの頃に戻りたいな…』と思ってしまったその時から、“戻る為の努力”となる行動を、何か一つでもはじめましょう。そして、継続していきましょう。

    とにかく、過去の栄光を取り戻すための努力を、毎日継続する事が重要です。ただ続けていくだけで、”頑張って毎日続けてきた”という事実は自信へと繋がり、良かったあの頃へも一歩一歩近づく事になります。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)