【あの頃に戻りたい...】過去にすがる原因から対処法まで徹底解説!

  • あの頃に戻りたいと思ってしまうデメリット

    ここまでの項では、あの頃に戻りたいと思う事で良くない傾向になってしまうケースについて触れててきました。しかし、『具体的に何がダメなの?』と思った人も少なくないんじゃないでしょうか。

    では、ここで改めて“あの頃に戻りたい”と思う事の何がダメなのかを解説してみましょう。

    現状を良くすることができない


    “あの頃は良かったから、あの頃に戻りたい。”などと思ったところで、タイムマシーンが無ければ戻る事はできません。つまり、いくら良かったあの頃に戻りたいと懇願しても、現状でできる事は何も無いんです。

    強いて言えば、タイムマシーンを発明する為に研究する事くらいでしょう。つまり、いくら良かった時代の思い出に浸って、その頃に戻りたいと願ったところで、何も生まれないわけです。

    どんどんマイナス思考になってしまう


    輝いていた“あの頃”を思い出して、その時代を基準に現在を比較しても、すべてが色あせて映る事でしょう。

    『あの頃は良かったのに、その頃と比べると今なんて…』と、過ぎ去った事と現在を比較しても、その時代はもう二度と来ないんです。

    輝いていた過去と現状を比べて悲観するような思考回路では、現状はおろか未来に至るまで、すべてが悲観的に思えてしまい、マイナス思考に陥ってしまいます。

    過去を振り返るリスク


    たまには昔を思い出して、『懐かしいな~良かったあの頃に戻りたいな~。』と昔を懐かしむのもいいでしょう。

    また、昔を思い出して、『あの頃は良かったけれど、自分の行動のせいで今はこのようになってしまった。』と未来の糧にするのもいいですよね。

    過去を振り返る事にはメリットがあります。しかし、これまで解説してきたように、多くのデメリットも生じさせます。

    つまり、過去を振り返る事にはメリットがある一方で、デメリットも生みかねないため、リスクとも隣り合わせになってしまう事を忘れてはなりません。

    すべての基準を“あの頃”と比べてしまう


    戻りたいと願う“あの頃”と比べるて、未来へと繋がる現在のすべてが色あせてうつってしまっているケースです。

    戻りたいと思うくらいですから、その“あの頃”とやらはさぞかし良かった事でしょう。そんな良かった時の事を基準にしてしまうと、これから何かしようとしても、すべてはじめる前から否定的な見方で見てしまいます。

    今生きているのは現在であって、何かを比べるのであれば今をベースにしないと、基準がおかしくなってしまいます。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)