見つめられるのは好きだから?じっと見つめる男女の心理をのぞき見!

  • ジロジロ見つめられて困る…対処法は?

    好意に応えられない場合は、見られても気持ちが悪いだけです。ではジロジロと見られて困るという場合は、どのように対処したら良いのでしょうか。ここではジロジロ見られて困るときにおすすめの対処法をいくつかご紹介していきます。

    極力目を合わせない


    好意が迷惑な場合は、極力目を合わせないという方法が有効です。とにかく送られてくる熱視線をかわすことに注力してください。

    見られて迷惑だという雰囲気を出しながら視線をそらすと、より迷惑であることが伝わりやすいでしょう。迷惑なときはなるべく視界に相手を入れないようにすると、目が合いにくくなります。

    「何か御用でしょうか」と聞いてみる


    どうしても視線が気になるときは、こちらから「何か御用でしょうか?」と聞きに行くのもおすすめです。あくまでも声のトーンを抑えて、仕事として聞きに行きましょう。

    「見られていたようなので何か御用かと思いました。」などと伝えると、見つめられて迷惑だという意志をそれとなく伝えることができるでしょう。それでも伝わらない場合は「見られると緊張してしまうので、あまり見ないでいただけますでしょうか」ぐらいは言っても良いかもしれません。

    チラッと見て嫌そうに目をそらす


    どうしても視線が降りやまない場合は、あえてチラッと見て嫌そうな顔をする方法もあります。見つめてくる相手はあなたの嫌そうな顔を見ることで、迷惑だということに気が付くはずです。

    それでも見てくるようなら、あまり気にしないようにするのがベターでしょう。そのほかにも迷惑行為をしてくるようなら、LINEやメールなどで真意を確かめても良いかもしれません。何かを対処するにしても、理由がわからなければ対処のしようがないので、何らかの方法で真意を確かめるようにしてください。

    できれば気のせいだと言われないように、状況証拠になりそうなものをなるべく集めておきましょう。

    友人や上司に相談する


    あらゆることで「嫌だ」という意志を伝えても、それでもまだ見つめてくる場合は一人で抱え込まない方が得策でしょう。友人や上司、同僚など信用できる人に相談して、二人以上で対処する方が安心です。

    あなたではない第三者から話をしてもらうことで、じっと見つめてくるとう行為をやめてくれるかもしれません。一人で抱え込んで事態が深刻になる前に、誰かに相談するようにしましょう。