見つめられるのは好きだから?じっと見つめる男女の心理をのぞき見!

  • 見つめられるのは好きだから?好意の見極め方

    「好き」という理由で見つめられている場合は、どのようなところに脈ありのサインがあるのでしょうか。ここでは脈ありの感じで見つめられたときの見分け方について、いくつかご紹介していきます。

    目があったら微笑まれる


    目が合ったときに微笑まれるときは、脈ありの可能性があります。なんとなく視線を感じる回数が増えて、見つめてくる人を見たときに相手がにこっとほほ笑んだら確信犯でしょう。

    好意が伝わったと感じて行動してくる可能性もあるので、無理なら無理とはっきり伝えることが大切です。ただし、好意を受け取るときは素直に受け取っておきましょう。

    目が合うとそらされる


    すごく視線を感じて視線の先を見てみると、ふいっと視線を外されることがあります。ふいっと視線を外したときに嫌悪感のようなものを感じたら、それは脈なしのサインです。

    視線を外されたときに照れているような感じがあれば、脈ありのサインかもしれません。照れ屋さんな彼に好意がある場合は、あなたからも行動してあげると距離が近づきやすいでしょう。

    目が合うとふざけてくる


    視線を感じて視線の方向を見ると、変顔をしてふざけられた。そんなときは脈ありなのか脈なしなのか、微妙なラインです。友人としてふざけているのか、好きな子に照れてふざけているのか判断できないからです。

    とりあえず嫌われているわけではないので、適当に付き合っておきましょう。好意がある場合は、今後もいたずらっ子のような好意を伝えてくるのではないでしょうか。

    よく話しかけてくる


    よく目があってなおかつ、よく話しかけられる場合は好意がある確率が高めです。よく見られていて、アイコンタクトも頻繁と言うことは、あなたに対して積極的にアプローチしている可能性が濃厚でしょう。

    あなたにも好意があるならそのまま対応しても大丈夫です。しかし、好意に応えられない場合は、あまり期待を持たせるような行動や言動は控えておいた方が良いでしょう。

    ちょっとした差し入れをくれる


    じーっと見つめられることも多く、お菓子などのちょっとした差し入れもちょこちょこくれる場合、あなたに対して好意があるのかもしれません。好意がうれしい場合は差し入れをもらっても大丈夫ですが、応えられない場合は安易に差し入れをもらのも考え物です。

    差し入れをもらったら同等のものをお返しするか、時には「いただけないので大丈夫です」などと断ることも大切です。

    よく服装などについて聞かれる


    じーっと見つめられているのは、あなたの服装がその人にとって珍しいものだからかもしれません。会話するときに服装について尋ねられることが多い場合は、あなたのファッションがただ単に珍しい可能性があります。

    服装が気になっている場合は、「どこで買っているの?」とか「若い子の間で流行ってるの?」といったことを聞いてくることが多いでしょう。