【キスマークの意味】場所によって違う?首・胸など7つの部位を紹介

キスマークには愛情表現のほかにもさまざまな心理が隠されていることをご存知ですか?恋人の心理を探るために意味を知っておくと良いでしょう。ただ、キスマークは、つけるタイミングが悪いと後から困ったことになることも。万が一の場合の隠し方、言い訳の例もご紹介します。

  • キスマークは愛されてる証拠?

    恋人とのイチャイチャタイム。キスマークを胸や手足につけたりつけられたり、そんな経験がある人もいらっしゃると思いますが、キスマークは愛されている証拠と言われています。胸、背中など場所によっても意味があり、その意味を知ることで恋人の欲求が浮き彫りになるのです。

    胸などのキスマークの意味は部位によっても変わる?


    キスマークは胸、首、手の甲、お尻などつける場所によって親愛、欲求不満、イタズラ、愛情などさまざまな意味があるといわれています。ある日は首、またある日は手の甲につけられたなど、場所によって恋人の本音が分かるのが面白いところ。

    胸、手足のキスマークの場所の意味を知っておくと、恋人が何を求めているのか、どんな心理状態なのかが分かるので、なんとなくでも意味を知るとついドキッとしてしまうかも。

    愛しくて胸などにキスマークをつける


    キスマークを無意味に首や胸などにつけることは、あまり無いでしょう。二人で睦み合っていくとどんどん気持ちが高まり、愛情があふれることでキスマークをつけるという行動に至るのです。

    つまり、キスマークをつけたりつけられるという行動は愛情の証拠。気持ちが高まると夢中でキスマークをつけつづけ、終わったころには体中がキスマークだらけ!ということもあるでしょう。

    キスマークの数は気持ちの高ぶり方、愛情深さと比例しているといっても過言ではありません。