生理中のエッチは安全?生理中セックスのリスクや男性の本音を紹介

  • 生理中のエッチのリスクとは?

    生理中もお構いなしにエッチをしているカップルは多いかもしれませんが、生理中のエッチって、実はいろいろなリスクをはらんでいるのです。「血が出るだけでしょ?」と思っている方もいるでしょうが、その血をきっかけに病気になるおそれもあるんですよ。

    それでは、ここから生理中のエッチに伴うリスクについてお話していきます。

    感染症のリスクが上がる


    生理中の女性の膣内は、免疫力が低下している上に、雑菌が多い状態になります。決してキレイとは言えない状態です。加えて生理中ということは、血液に触れる機会も確実に増えるので、血液を媒介とする肝炎などの感染症のリスクも高まると言えます。

    また、生理中に生でエッチして尿道炎に罹る男性も多いので、十分に気を付けましょう。

    子宮内膜症のリスクが高まる


    生理中のエッチは、子宮内膜症のリスクを高めると言われています。というのも、子宮内膜症の原因のひとつとして「骨盤内への経血の逆流」が指摘されているためです。

    生理中にエッチをしてしまうと、経血の逆流が促されてしまうおそれがあるため、子宮内膜症のリスクが高くなるということも頭に入れておきましょう。

    避妊がおろそかになりやすい


    「生理中は生でエッチして中出ししても大丈夫」だと考えているカップルは多く、生理の時こそ生でエッチに励んでしまうようです。先にもお話したように、生理中の膣内は決して清潔とは言えないうえに、生理中だって妊娠する可能性があるので避妊は必須なのです。

    また、「排卵出血」を生理だと勘違いしていつも通りエッチをして中出しをしてしまい、意図せず妊娠してしまうケースもあるので、生理中の避妊具なしでのエッチを習慣化するのはやめましょう。

    いろいろな面で不衛生!


    生理中はいわば膣内の清掃期間中なので、不衛生な状態になってしまいます。また、エッチをすると経血でベッドや部屋が汚れてしまうおそれもあります。

    血液はあらゆる感染症を媒介する危険なモノでもあるので、できる限り血液との接触は避けた方が良いでしょう。