膣の「下つき・上つき」の違いとは?確認方法やおすすめ体位を紹介!

膣がついている場所が、いわゆる上つきか下つきかには、個人差があることをご存知でしょうか?膣のついている位置によって、セックスで快感が得やすい体位・得にくい体位があります。今回は膣の上つき下つきとは何か、その判断の仕方や上つき下つきに向いている体位などについてお伝えしていきます。

  • 膣の「上つき・下つき」ってなに?

    膣には上つきと下つきがあるのはご存知でしょうか。膣の位置には個人差があり、膣の場所によって向いている体位などが異なります。ここでは膣の上つき、下つきの違いについてご紹介していきます。

    そもそも「上つき・下つき」の意味って?


    膣の上つき、下つきとは、膣の入り口がクリトリスよりについているか肛門よりについているかの違いです。クリトリスよりについていれば上つき、肛門よりについていれば下つきということになります。

    具体的には肛門から4センチ程度離れていれば上つき、それより肛門に近ければ下つきです。今回の記事では、自分の膣が上つきか下つきかの判断をする方法をご紹介しています。自分の膣がどちらなのかを確認したい方は、ぜひ続きもご覧ください。

    上つき・下つきの割合はどのくらい?


    膣が上つきか下つきかは、個人の体質の違いや年齢によっても異なります。一般的に40歳以前の女性は下つきが多く、年齢が高い女性は上つきになってくることが多いとのことです。

    上つきと下つきの割合は、40歳以下では下付きの方が多く1対4くらいの割合だと言われています。年齢が上がると半々ぐらいの割合にかわっていくそうです。

    そのほか体質によっても個人差があるので、年齢が40歳以下だから、またはそれ以上だからということで、上つきか下つきかを判断することはできません。自分の膣の位置は、直接触るなどして確かめてみるのが一番正確です。

    膣の位置によっておすすめの体位も違う


    膣か上つきか下つきかによって、セックスで快感を得やすい体位が変わってくることもあります。膣が上つきの場合は正常位など男性のペニスが高い位置にくる体位がおすすめです。反対に後背位は、上つきの場合膣に入りにくいことがあるので、下つきの女性に向いていると言われています。

    どうもセックスのたびにペニスが入れにくい、痛みがあるといった人は、向いている体位が違っているかもしれません。今回の記事では上つきの人に向いている体位、下つきの人に向いている体位をご紹介していますのでぜひご参照ください。