すれてない女・すれてる女の違いってなに?その意味や特徴を解説!

  • 「すれてない女」になりたい! その方法は?

    「すれてる女」と言われると、女性としてはやはり嬉しい気持ちはしませんよね。今からでも、「すれてる」と言われないようにするには、どうしたらいいのでしょうか。

    ここでは、「すれてない女」になるために心がけたいポイントをいくつかご紹介します。できることから少しずつ実行すれば、「すれてないね!」と言われる日が来るかもしれませんよ。

    謙虚な姿勢でいる


    「すれてる女」の特徴は、態度が大きいこと。なので、まずは謙虚な態度を心がけましょう。注意したいのは、友達や彼氏に対してだけでなく、お店の店員やタクシー運転手など、日常で接するすべての人に同じように謙虚でいることです。

    他人は意外と、自分以外の人と接する時のあなたも見ています。好きな人や付き合う価値のある人には謙虚でも、それ以外の人を従僕のように扱ってしまっては良い印象は持たれません。
    誰に対しても謙虚な姿勢で接するようにしましょう。

    礼儀をわきまえる


    「すれてる女」の中には、自分に対する自信から、年上の人や立場が上の人に対して態度が大きくなるタイプもいます。そのような生意気な態度は今日から封印し、自分の立場にふさわしい礼儀をわきまえた接し方を徹底しましょう。

    相手の言うことが間違っていても真っ向から否定するのではなく、陰でこっそり訂正したり嫌味にならない言い方をするなど、相手の顔を潰さないようにするだけで印象が変わりますよ。

    損得勘定で行動しない


    損か得かで物事を判断するのも「すれてる女」の特徴の一つです。人間関係でも「○○さんと出かければおごってもらえる」「××くんと結婚すれば、将来は優雅な専業主婦生活ができる」など、損得だけで考える傾向が強いですが、このような人は周囲から冷たい目で見られてしまいます。

    心をさらけ出せるような人間関係は、損得のない関係からしか生まれません。そのような友達や彼氏と出会えれば、お互いにかけがえのない存在になれるでしょう。

    人に対して寛大になる


    人生経験が豊かなのも「すれてる女」の特徴です。さまざまな状況を乗り越えてきたため、「この程度のことはできて当たり前」とレベルが上がり過ぎてしまうこともあるようです。

    しかし、世の中にはあなたができることができない人もたくさんいます。そして、できないからといって、その人を見下していい理由にはなりません。あなたの基準や価値観だけで人を判断せず、他人の弱さやミスに寛大になりましょう。

    他人と張り合おうとしない


    自分に自信がある「すれてる女」は、自分より成功している人やできる人を目障りな存在と感じることがあります。このタイプの人は、まず、人生を勝ち負けで物事を判断するのが無意味であることを受け入れましょう。

    他人との比較で費やしていたエネルギーを、自分の夢や願望を叶えるために向けましょう。それが達成することで満足感が感じられますし、今まであなたを「すれてる」と思っていた人でも、頑張るあなたを見れば、評価が変わることでしょう。