すれてない女・すれてる女の違いってなに?その意味や特徴を解説!

  • 「すれてる女」と言われる原因ってなに?

    「すれてる女」という言葉は、どちらかというとネガティブな意味が強いようです。では、「すれてる女」と言われてしまう原因には、どのようなものがあるのでしょうか。

    「すれてる」と言われる原因をまとめてみましたので、好きな男性や仲良くやっていきたい職場の人との関係作りの参考にしてくださいね。

    物怖じしない態度


    すれてる女性は人生経験が豊富なので、多少のことには動じなくなっています。周りがパニックになっていても冷静に状況を判断し、問題を解決しようとします。一見、頼りになるようにも見えますが、慌てふためく人々を見下した態度をとってしまうので、「すれてる」と思われるのです。

    また、相手が年上の人や社会的地位が高い人でも物怖じしません。謙虚さや可愛げのない態度で対等に接しようとするので、「すれてる女」と煙たがられてしまうのです。

    ボディタッチが多いなど、男性の扱いが上手


    男性経験の多い女性は「すれてる」と思われがちです。今までたくさんの男性と付き合ってきたため接し方をよく知っていて、褒め言葉やボディタッチなどで男性を喜ばせるのが得意です。

    このような女性は、はたから見れば遊び慣れているように見られてしまいます。本人は自然に振る舞っているつもりでも、男性の扱い方があまりにも上手だと周囲からは警戒されてしまうので、注意が必要かもしれません。

    上司や先輩に対する態度が生意気


    「すれてる女」と見られる原因は、目上の人に対する態度にも現れます。相手が上司や先輩でも、自分の考えと違うと思えば相手を納得させるまで意見をぶつけます。

    自分の意見を持つことは良いことですが、その表現の方法が問題なのです。そもそも「すれてる女」には相手を立てたり敬う気持ちがありません。なので、言っていることは正論でも、人を言い負かすような態度になってしまうのです。同じ職場にいると、扱いが面倒臭いと思われてしまうかもしれませんね。

    世渡りが上手


    すれてる女性は、自分が損をするのが許せません。交友関係では自分が得になる相手としか付き合わないので、周囲の人からは他人を利用していると見られることも。さらに、相手に付き合うメリットがなくなればあっさりと捨てて、より自分の得になる人と関係を築こうとします。

    このような一連の行動が「すれてる女」と言われる原因となっています。このタイプの「すれてる女」は要領が良いので世渡りが上手く、仕事ではのし上がって成功するタイプも多いようです。