すれてない女・すれてる女の違いってなに?その意味や特徴を解説!

  • 男性に聞いた!「すれてない女」の印象

    「すれてる女」があまり良い意味で使われないことが分かったところで、では「すれてない女」は世間からどのような印象を持たれているのでしょうか。

    身近に「すれてない女」がいると思う男性の意見をまとめてみました。あなたやあなたの周りに似た女性がいれば、周囲の男性からどう思われているかを参考にしてくださいね。

    男慣れしていないところが好印象


    「すれてない女性は、家庭できちんと躾けられた『いいお嬢さん』というイメージがあります。男性経験も人より少なめだったり、遊んでる印象がないから好感が持てます」(20代男性)

    というように、「すれてない女」というイメージは、それだけで男性から好印象を持たれます。「すれてない」というだけで育ちの良さまで感じさせるのであれば、恋愛や結婚相手としても意識してもらえる可能性も高そうです。

    多少は男慣れしてた方がいい


    「男性に対して素直で純粋なイメージがありますが、良い意味で捉えられるのは20代前半まで。それ以上や既婚にもなっても男慣れしてない女性は、可愛い子ぶってる痛い人に見えてしまいます」(20代男性)

    それなりの年齢になれば、年相応の対応が求められますね。大人の女性なのにいつまでも男性に慣れてない態度では、「すれてない」の意味も皮肉や嫌味になることもあるようです。

    素直でおおらか


    「職場にすれてない女性がいます。上司や先輩の指示に口答えせず従う姿を見て、素直でいい子だなと思います」(20代男性)「相手によって態度を変えず、誰にでも素直に接する女性には、女性らしいおおらかさを感じます」(20代男性)

    自分の意見を声高に主張せず、相手を立てる女性は好感を持たれます。素直に相手の意見を受け入れる姿におおらかさを感じるようです。

    デートの出費にうるさく言わない


    「『すれてる女』は自分の分すら払うことをケチりますが、『すれてない女』は小さなことにこだわらなそう。デートで割り勘にしたり、おごってあげられなくても文句を言わなそうな感じがします」(10代男性)

    おごってくれないのなら遊ばない、という女性だと、お金目的で彼氏と会っているように見られそうですね。彼氏の経済力や肩書きなどに関わらず付き合う女性なら、お誘いや異性の友達も多そうです。