略奪愛を成功させる方法とは?略奪愛の成功例からポイントを学ぼう!

  • 略奪愛を成功させる方法やポイントは?

    ここまで略奪愛を成功させやすい女性の特徴、さらに男性側の特徴をご紹介してきました。そしてここからは、略奪愛をさらに成功に導くための方法やポイントを、実際の成功例を交えてご紹介します。略奪愛を成功させやすい女性像に近づくとともに、ポイントを抑えて男性の心を掴みましょう。

    彼にとって癒しの存在になる


    「彼が仕事で疲れているときは、マッサージしてあげたり、料理を作ってあげたりしてました。」(20代/女性/会社員)

    略奪愛を成功させるために必須なのが、「彼にとって癒しの存在になる」ということです。彼女や奥さんとマンネリ化してしまっていたり、不満があったりすると、男性は他で癒しを求めます。

    その心の隙に入り込んで、彼にとって居心地の良い場所を作ってあげることで、彼の気持ちはあなたへと傾いていくはずです。とにかく彼の話を聞いてあげて、癒してあげましょう。

    タイミングを見極める


    「別居状態だった彼に近づいたら、結果的に略奪できました。奥さんに対する気持ちもすでになく、子どももいなかったのですぐに付き合うことができました。」(20代/女性/会社員)

    略奪愛で大切なのは、何と言っても「タイミング」です。好きになった男性に彼女や奥さんがいて奪いたいと思っても、彼女や奥さんととても円満でうまくいっているうちは略奪するのもなかなか難しくなってしまいます。

    ただ、仲が良いと思っていても、よく話を聞いてみると、実は彼女や奥さんへの不満が溜まっていたりするものです。まずは気軽に話せる友達になってみて、彼女や奥さんとうまくいっていないときにアタックしていきましょう。

    焦らない


    「彼と本気で一緒になりたかったので、焦らずにゆっくりと奥さんより良い女でいることに徹しました。結果的に彼は離婚を決意してくれて、一緒になることができました。」(30代/女性/事務職)

    略奪愛成功までの道のりは、長いものになります。なかなか自分のものにならないことから焦ってしまい、「早く彼女(奥さん)と別れて」と思ってしまうのも無理ないでしょう。

    しかし、焦っても逆効果です。本気で彼を略奪したいなら、長期戦になることを覚悟して、ゆっくりと彼の心を奪っていきましょう。

    信頼関係を築く


    「彼女がいることは知っていましたが、彼を好きになってしまい、少しでもそばにいたいと思って愚痴や相談を聞くようになりました。時には彼女の相談も受けて辛いこともありましたが、彼の意見に賛成しながら話を聞いていたら、彼から彼女と別れて私を選んでくれました。」(20代/女性/会社員)

    略奪愛を成功させるには、相手との信頼関係がとても大切です。男女の関係になる前に、友達としてたくさん接して、信頼関係を築いていきましょう。

    彼の仕事の愚痴や相談を聞いたり、彼女や奥さんの愚痴を聞いたりしていることで信頼関係ができていき、さらに彼が「この人になら何でも話せる」と好意を持ってくれるようになります。

    決して彼に依存しない


    「なかなか彼女と別れてくれなかったので、もう諦めようと思いました。そのタイミングで他の男性からのアプローチがあったのでお付き合いしてみることにしたら、好きな人が彼女と別れてきて告白してくれました。他の人にとられるのが耐えられなかったようです。」(30代/女性/会社員)

    略奪愛は、なかなか手に入らないからこそとても熱が入りやすいです。ただ、あまりにのめりこみ過ぎて彼に依存してしまうと、略奪愛成功とは程遠くなってしまいます。

    「あなたがいなくても私は生きていける」ということを彼にさりげなくアピールすると、彼はあなたを誰にも取られたくないという思いから、あなたを選んでくれるかもしれません。
  • 略奪愛の失敗例からわかるNG行動とは?

    略奪愛を成功させるための方法やポイントを押さえるとともに、略奪愛の失敗パターンを知っておくことも大切です。ここからは、略奪愛の失敗例とともに、絶対にやってはいけないNG行動をご紹介します。

    本命の彼女や奥さんと別れるように強要する


    「真剣に考えていても、別れるように急かされると責められている気分になる」(20代/男性/会社員)

    先ほど、略奪愛において焦りは禁物ということをお伝えしましたが、焦ってしまうだけでなく、彼に対して「早く別れて!」と急かすのは絶対にやってはいけません。彼は、彼女や奥さんがいながらあなたとも関係を持っていることで、真剣に悩んでいるはずです。

    そんなときに別れることを強要してしまうと彼の気持ちが萎えてしまい、最終的にはやはり彼女や奥さんのところへ戻ってしまうかもしれません。

    確実に彼を略奪したいのなら、別れることは決して強要せずに、じっと耐えて待ちましょう。

    彼女や奥さんとの関係に口出しする


    「彼女との関係に口出しされると、何も知らないくせに、とイラっとする」(20代/男性/会社員)

    彼から彼女や奥さんとの話を聞いているとき、早く別れてほしいと思うばかりに、ついつい口出ししてしまいます。しかし、それは逆効果。いくら彼の気持ちがあなたに傾いていたとしても、まだ本命である彼女や奥さんとの関係に口出しされるとイラっとするものです。

    また、あなたは彼と彼女や奥さんとの関係をよくわかっているつもりでも、彼と彼女や奥さんにしかわからないこともあるはずです。略奪愛で、「彼のことは全て知っている」とは思わないようにしましょう。

    体の関係を持つのが早すぎる


    「彼女がいる男性と体の関係を持ってしまったけど、単なる浮気相手で終わってしまいました。」(20代/女性/会社員)

    略奪愛を決意して、男性側がまだ彼女や奥さんと別れていないのに体の関係を持ってしまうのはよくあることです。しかし大切なのは、体の関係を持つまでの期間です。

    体の関係を持つのがあまりにも早すぎると、「すぐに体を許してくれた子」になってしまい、単なる浮気相手になる可能性が高くなります。あなたも彼に気持ちがあるので体の関係はなかなかやめられず、いつまでも2番目の都合の良い女になりかねません。

    本気で略奪したいなら、「彼女や奥さんと別れるまで体は許さない」くらいの覚悟を持ちましょう。

    相手の気持ちを考えずに行動する


    「僕のことをよく知っているわけでもないのに、彼女から奪うという気持ちが前面に出ている女性は、引いてしまう。」(30代/男性/会社員)

    恋愛において、相手の気持ちを考えるというのはとても大切なことです。そして略奪愛では、その相手の気持ちを考えることが普通の恋愛よりもさらに重要になってきます。

    彼女や奥さんがいる彼の気持ちを考えずに、あなたが彼を好きという気持ちだけで突っ走ってしまうと、引かれてしまう可能性もあるのです。

    また、気持ちだけでなく生活リズムも考えて行動することが大切です。彼女や奥さんといるであろうときには連絡しないなど、何か行動するときは常に彼の気持ちや生活を考えましょう。