好きだけど付き合いたくないっておかしい?男女別の心理と対処法

  • 好きなら付き合うべき?4つの判断基準

    好きなら迷わず付き合ったほうがモヤモヤしないし、幸せになれるのではないでしょうか。付き合ったほうがいいかもしれない判断基準には例えばこんなことがあります。

    これから気持ちが変化する可能性はある?


    好きという思いがあるなら迷わず付き合ってみてはいかがでしょうか。まだ「好き」が本当なのかどうかいまいちわからなくても、付き合ってみたら気持ちが変わって「本当に好き」になることもあるでしょう。

    まだこれから気持ちが変わるかもしれないという可能性があるなら、まずは付き合ってみて様子を見てみるのも手です。「お試し」のような感覚で、「付き合うけどお試しね」と伝えておくといいですよ。

    職場が違うか?


    同じ職場で付き合うのはリスクがありますが、職場が違うなら周りに気をつかったり別れたあとのことを考えなくてもほとんどOKなので、職場が違う場合はとりあえず付き合ってみてもOKでしょう。

    職場が同じなら仕事をする上で顔を合わせなければいけないこともあり、気まずい思いをすることもありますが、そうではないなら、別れたあとを心配することはありません。連絡を絶ったり、会う可能性のある場所に行かなければいいことです。

    両思いとはっきりしていないか?


    すでに両思いということがわかっているけど、今の生活環境では付き合えないというケースです。お互いに今の状況を話し合い、「つまりこういう理由で付き合えない」と理由を共有しましょう。

    お互いの環境を理解しあうことで不満が出にくくなります。今の生活環境が理由で付き合えないなら、口約束だけでも付き合いをスタートさせてしまえば、関係はほとんど変わらないので、とりあえず気持ちの上でだけ付き合いを開始してみて、環境が変わったときには素直にお付き合いを楽しみましょう。

    キープというと聞こえは悪いですが、両思いならお互いをキープして環境が変わるのを待つのもありです。

    我慢がストレスになっていない?


    好きだけど付き合いたくないという我慢がストレスになるなら付き合うべきです。付き合ってみたら意外と「付き合いたくない」と思っていたことが嘘のようにスッキリしますし、「付き合ってよかった」と思えるでしょう。

    難しく考えて我慢するより、自分の気持ちに素直になってみてください。自分にとって好きだけど付き合いたくない気持ちが大きなストレスになるなら、自分を守るためにも付き合いをスタートしてみましょう。