ダブル不倫は辛い..好きだけどつらいW不倫の「続け方・別れ方」

  • ダブル不倫をうまく続けるコツ

    ダブル不倫をうまく続けるには、避けるべき行動や関係を続けるためのコツがあるようです。それを知ることで、ダブル不倫を継続したいと考えている人は、今後の行動を改めてみることをおすすめします。

    関係にメリハリをつける


    ダブル不倫の場合、お互いに求めすぎると辛さが増し、関係が終わってしまうことにもつながります。ダブル不倫をうまく続けるには、好きすぎるからといって常に相手のことを考えるのはNG。

    関係にメリハリをつけることで、ほどよい距離感を保つと、関係をうまく続けることができます。そのため、会わない時間には頻繁に連絡を取らないようにするなど、メリハリを意識した関係を築くよう心がけましょう。

    好きすぎるからといって干渉しない


    ダブル不倫の場合、普通のカップル以上にお互いに干渉することは避けるべきです。特に、お互いの家族のことなど、知っても辛くなるだけだとわかりきっていることは質問しないようにしましょう。

    そもそも嫉妬する立場ではないということをわきまえて付き合っていれば、干渉したい気持ちにはならないので、自分の立場をしっかりと意識することが大事。干渉すると相手の家族への嫉妬心が芽生えるなど、自分が辛くなるだけなので、気にしすぎないことがダブル不倫を継続するポイントです。

    頻繁な連絡は避ける


    ダブル不倫が続かなくなる原因の一つに、嫁または旦那に不倫がバレるということがあります。不倫がバレる理由のほとんどが、LINEや通話履歴など、連絡をとっていた形跡が見つかってしまうというケース。

    不倫をしている人のほとんどはそうした履歴を消してから帰宅するようですが、うっかり嫁または旦那といるときに連絡してしまうと、修羅場になってしまうことも。そのため、ダブル不倫をうまく続けるには、好きだからといって頻繁に連絡をとるのは控えることをおすすめします。

    将来の話はしない


    ダブル不倫の場合、どちらか片方が離婚を考えていても、もう1人は離婚は全く考えていないという場合もあります。その場合、将来の話をすると離婚を考えていない側にとってはプレッシャーになってしまうことも。

    いくら相手が離婚を考えていると言っても、本心じゃない可能性もあるので、将来の話は積極的にしない方が無難です。お互いの家族のことも考え、慎重に関係を続けるよう心がけましょう。