ダブル不倫は辛い..好きだけどつらいW不倫の「続け方・別れ方」

  • ダブル不倫が辛い理由は?

    ダブル不倫が辛いという意見には、さまざまな理由があるようです。一言では言い表せないその辛さには、好きすぎるという感情が影響していることも。では、ダブル不倫が辛い理由について詳しくみていきましょう。

    ものすごい罪悪感を感じる


    ダブル不倫とは、お互いに結婚して家庭を持つ男女の恋愛のことを意味するので、当然家族に対して罪悪感を感じます。自分の家族はもちろん、相手の家族への罪悪感もあるので、非常に辛い立場といえます。

    バレたら家庭を壊してしまう可能性もあるので、そんな状況になったときを想像し、ますます罪悪感を感じることも。しかし、そんな堪え難い罪悪感を感じても、好きすぎてやめられないという意見がほとんど。

    罪悪感を感じて辛くても一緒にいたいと思ってしまうからこそ、なかなか抜け出せなくなってしまうようです。

    好きすぎて気持ちを制御できない


    そもそも、お互い結婚している男女が恋に落ちるということは、その時点で好きすぎて気持ちを制御できていないということになります。制御できる程度の気持ちなら、ダブル不倫に発展しませんよね。

    お互いに制御できないほど好きになってしまうと、周りが見えなくなり、ふと我に帰った瞬間絶望的な気持ちになることもあるようです。好きすぎるがゆえに辛い気持ちになるのがダブル不倫の特徴なので、制御できるうちに気持ちをセーブすることが最善といえます。

    頑張っても一番になれないから


    ダブル不倫の場合、どんなに頑張っても家族がいる以上は本当の意味での一番になることはできません。それを知ったうえで交際を継続しているつもりでも、付き合いが長くなると欲が出てしまい、心のどこかで一番になりたいと望んでしまうことも。

    そうなってしまうと、一番になれないことを辛く感じてしまうようになります。家庭を壊すわけにはいかないという気持ちに反し、一番になりたいと望んでしまうことは、ダブル不倫をより辛いものにする原因となるようです。

    前向きな恋愛じゃないから


    普通のカップルの場合、交際期間が長くなると将来を意識するようになり、前向きな計画を立てるようになりますよね。しかし、ダブル不倫の場合、先が見えない付き合いであるため、前向きになれなくて当然といえます。

    たとえお互いに離婚して結婚するにしても、幸せになるためには必ず別れを経験しなければなりません。さらに、家族を傷つけてしまうことになるので、前向きな気持ちにはなれませんよね。

    そのため、ダブル不倫の場合、先のことを考えると、どの道辛くなるのは避けられないようです。