仕事ができない女にイライラ…!その特徴と周囲の本音を徹底調査!

  • そもそも「仕事ができない」ってどういうこと?

    仕事ができる、できないという言い方はよくされますが、「仕事ができない」とは具体的にどのようなことを言うのでしょうか。ここでは「仕事ができない」と認定される基準についてお伝えしていきます。

    仕事をこなすのが遅い


    仕事をこなすスピードが遅い女性も「仕事ができない」認定されてしまいます。職種や仕事の種類にもよりますが、多くの人が時間内に終わる作業がこなせないときは「仕事ができない」と言われることが多いでしょう。

    また仕事が早くても雑だったりミスが多かったりしても「仕事ができない」認定されます。「仕事ができる」と思われるためには、時間内に正確な仕事をすることが大切です。

    言われるまでやらない


    言われるまで仕事をしないのも「仕事ができない」と思われる原因のひとつ。ある程度仕事の内容に慣れてきたら、仕事のできる人なら言われなくても仕事をし始めるものです。

    同じ職場に比較的長い期間いるにもかかわらず、指示されるまで何もしない女性は「仕事ができない女性」と思われることが多いでしょう。どんな仕事をしたら良いのかわからないときは、上司に聞くなり何らかの行動を取ってみてください。

    指示されたことをまともにできない


    指示された内容を指示通りにできないと、「仕事ができない女性」として認識されることが多くなります。指示の内容がハイレベルで、多くの人がこなせない内容の仕事ならともかく、ほとんどの人がこなせる内容をこなせないとなると周囲の評判が落ちるのは仕方がないこと。

    指示された内容がわからなくなるなら、その場でメモを取っておくなり、わからないところは都度聞きに行くなりしておいた方が周囲の評価もアップするでしょう。

    人の話を聞いていない


    仕事ができない女性だと思われる女性に多いのが、「人の話を聞いていない」という特性です。人の話を聞いていないというのは、相槌を打たないということではなく「話の内容を理解していない」ということ。

    仕事ができない女性は人の話を聞くときに、目を見て聞いたり相槌をうったりすることはできます。しかし実際に話の内容を理解しているかといった点については、かなりの割合で理解していないことが多いようです。