「依存体質」って何?依存体質の人の特徴や依存の種類・原因を紹介!

「もしかして私は依存体質!?」そう思った方。あなたは本当に依存体質ですか?この記事ではそんな依存体質についての解説は勿論、その改善法まであらゆる方向から依存体質を掘り下げています。また、依存体質度が分かるチェックリストもありますので、是非ご覧下さい。

  • そもそも「依存体質」って?

    依存体質という言葉を聞いた事はありますか?キャッチーなネーミングなので、該当しそうな人にとってはピンとくる言葉ではないでしょうか。

    ネーミングとしては軽い印象を受けますが、“依存”という言葉はこのネーミング程可愛らしいものではありません。

    依存という言葉の身近な使われ方には“依存症”という言葉がありますが、薬物であったり酒であったりギャンブルなどを、生活に支障をきたすレベルで渇望してしまう事です。

    こんな穏やかじゃない“依存”という言葉が使われた依存体質とは、どのような意味なのでしょうか。

    「依存体質」の意味


    “依存体質”とは文字通り依存してしまいやすい体質という意味で、その依存してしまう対象は人物から趣味まで様々であり、依存してしまうものであればその対象に定義はありません。

    例えば、ギャンブルに依存してしまった場合は、“楽しみ”や“暇つぶし”といったものではなく、生活に支障をきたす程にギャンブルがしたいと思うようになります。もちろん負け続けても借金してまで、ギャンブルを続けて借金が膨らんでもやめる事はありません。

    また、恋愛対象に依存した場合はその形がとても複雑なものとなってしまいます。相手の行動を徹底的に把握したり、暴力を振るわれても別れようとしなかったりと、その間柄は恋人ではなくイビツなものとなります。

    「依存体質」の基準は?


    依存体質といっても、その対象の事を好きという気持ちが度を越えたものというような印象を受けがちですが、好きと依存には似て非なる明確な違いがあります。

    一旦その対象に依存してしまえば、その対象が自分にとってマイナスになる要素しかなかったとしても、心の底からその対象に渇望してしまう事を依存と言います。

    そして、その渇望の度合いは生易しいものではなく、生きる上で絶対に必要なものとまでに渇望してしまいます。
  • 恋愛?ギャンブル?どんなものに依存しやすい?

    依存という言葉を聞いた事がある人は多いと思いますが、意外と色々なものに依存という言葉は使われています。

    アルコールやニコチンなどへの依存や、ギャンブルや買い物など行動に対しての依存、恋人であったり親子といった間柄や関係性による依存など、その対象には種類を問わず様々なものがあります。

    依存体質という言葉が使われる、その依存の対象は、恋愛やギャンブルといった身近なものに対して用いられる事が多く見受けられます。

    恋愛に依存する


    依存体質の人が恋愛対象に依存した場合、それは恋愛の“好き”という感情とは全く別のもので、単なる“依存”となってしまいます。

    依存になってしまった場合は、好きかどうかといった恋愛感情よりも“その人を絶対に失いたくない”という不安に支配されてしまいます。

    依存体質の人は恋愛感情から依存へと陥りやすく、依存した場合にその不安は言動に表れます。そうすると、相手は「この人は自分から絶対に離れる事ができないだろう」と慢心する可能性もあります。

    そこから、人によっては「この人は何をしても自分の事を嫌いになれないだろう」という傲慢な確信を深めてしまう危険性もあります。

    ギャンブルに依存する


    たとえばパチンコであれば、スーパーリーチになった瞬間に、派手な効果音が鳴り響き、図柄が揃う事でこれまでの単調な流れ作業が嘘のように玉が溢れてきます。

    本来ギャンブルは、大勝ちできる夢を見て、負けて失ったとしても差し支えのない小遣いの範囲で行うものですよね。

    しかし、依存体質の人は、大勝ちした時の脳の快楽を求めて、差し支えがある範囲までもギャンブルへと投資してしまいます。

    また、自分の資金が底を尽きた時には、嘘をついて借金してまでもギャンブルへと投資してしまうなど、ギャンブルのために手段を選ばなくなってしまいます。

    買い物に依存する


    欲しいと思うものを購入する事で、物欲を満たす事ができます。その欲情を満たす快感を忘れられず、“欲しい物を購入する”という目的から、“物欲を満たすために購入する”という目的へと変わってしまい、買い物に依存してしまいます。

    購入してから一度も箱から出した事が無いものまで増えてきだしたら、かなり進行してると言ってもいいでしょう。

    依存体質の人は自身の欲求が満たされていない時や過度なストレスを感じた時に、その欲を物欲にすり替えて解消するために、買い物に依存してしまうケースがあります。

    ゲームに依存する


    TVゲーム、スマホゲームなど種類を問わず、依存してしまいやすい要素が多く含まれています。

    オンラインゲームは、特に依存してしまいやすく、競争心を煽ったり、協力プレイなどで他のプレイヤーから必要とされる事など、人間が元来持っている“欲”をうまく利用して刺激する商法のものが多くあります。

    その欲をゲーム内では手軽に満たす事ができるので、依存体質であれば底なしの深みにハマっていくかのように、欲を満たせるゲームの世界へと依存してしまいます。

    セックスに依存する


    好きという感情の延長線上でセックスをしたいという気持ちになるのが通常ですが、依存体質の人がセックスに依存してしまうと、恋愛感情に関係なくセックスそのものをしたいという強い欲求に支配されてしまいます。

    単純に性欲が強い人との違いや線引きは曖昧ではありますが、有名人が“性依存症”である事をカミングアウトした事でセックスにも依存する人がいるという事実の認知が広まりました。

    スマホに依存する


    先程のゲーム依存でスマホゲームに依存している場合もありますが、スマホにはゲーム以外にも依存体質の人が依存してしまう要素が多分に含まれています。

    代表的なものを挙げるとLINE、インスタグラム、ツイッターなどのSNSなどが挙げられます。“承認欲求”という言葉があるように、オンラインゲームと似た“認められたい”という欲求を刺激されやすく容易に依存してしまう危険性があります。